ここから本文です

最もスタイリッシュなミュージシャン、ベスト10

5/15(月) 6:40配信

エスクァイア

【第9位】セルジュ・ゲンズブール

 音楽シーンで、最もスタイリッシュな男性を集めたこの企画でリストを作り始めると、私たちは徐々にそして心地よくも次のことに気づくことができたのです。時代やジャンルがどうであれ、彼らは独自のビートに合わせて服をまとい、さらに非の打ち所なく、正真正銘の本物であるのだと。 
 
 そしてもちろん、すべてが独自のセンスを感じさせる主観的なものであるということもわかりました。もしかしたら、あなたのリストには、エルビスが入っているかもしれません。また、ニック・ケイヴやJay-Zがランク外であることが「茶番だ!」と思う人がいるかもしれません。さらには、ハリー・スタイルズが15年、10年、さらには5年後にトレンドセッターになると本気で考えている人もいることでしょう。

【10位のアレックス・ターナーから最もスタイリッシュなミュージシャンの画像を見る!】

 そんななか、私たち全員がここで賛同できるのは、私たちの魂を揺さぶり、心の痛みを代弁し、ビートで私たちの手足を無意識のうちにグルービーに動かし、さらにクールである方法も教えてくれたということではないでしょうか。 
 
 だから私たちは、彼らの音楽に対しても感謝の気持ちでいっぱいになるのです。そこで、ご紹介するのがセルジュ・ゲンズブール。

 ゲンズブールは大衆と自分を切り離しながら、60年代の典型的なヒッピースタイルと一線を画し、洗練された曲作りに自然とマッチするテーラードスーツと高級なアイテムを身に着けることに執着しました。

 30代半ばに差し掛かるまでキャリア的には成功していなかったため、ゲンズブールが人々の注目を浴びた頃には彼のスタイルは一人の粋な男として、卓越したファッションの領域に達していたというわけです。

 キャリアを通してそのスタイルを貫き、ラグジュアリーに対しては明らかに無頓着でいるという彼の姿勢には、多くの人たちが賛同していたのは事実です。

ESQUIRE

最終更新:5/15(月) 6:40
エスクァイア

記事提供社からのご案内(外部サイト)

エスクァイア

ハースト婦人画報社

2016年10月発売号

価格1200円

1933年にアメリカで誕生した
ハイエンド・ファッション雑誌です
ファッションやライフスタイルにとどまらず
アート、カルチャー情報などを届けます