ここから本文です

非常食レストランで防災意識を

5/15(月) 19:30配信

旅行読売

 テーブルに着いたお客は、目の前の“料理”にお湯を注ぐ。メニューはペペロンチーノやカルボナーラなどの麺類をはじめ、チャーハン、ドライカレー、山菜おこわ、赤飯など和洋中約20種類とバラエティーに富む。数分待って、「いただきます!」。
 ここは浅間山の北側、群馬県長野原町にある浅間火山博物館。館内にある非常食を専門に提供するレストランだ。
 最近、各地で自然災害が多く、非常時に向けた準備や心構えへの関心度は高い。非常食を常備する人も多いだろうが、実際に食べる機会は少ないため、防災意識を持ってもらうのが狙いだ。
 座席は約90で、店内で食べるだけではなくテイクアウトもできるという。お値段は350円からと手頃。
 館内では、浅間山の歴史や噴火の様子などを映像や模型で紹介。自然遊歩道ではこれから夏に向け、ハクサンシャクナゲ、ヤナギランなどの花々が順次見頃を迎える。

浅間火山博物館【データ】
4月1日~11月30日の8時30分~17時(最終入場16時30分)/水曜休/入館料大人600円、子供300円、乳幼児無料/電話0279・86・3000

最終更新:5/15(月) 19:30
旅行読売

記事提供社からのご案内(外部サイト)

旅行読売9月号

旅行読売出版社

2017年9月号
7月28日発売

540円

【特別付録 全国道の駅マップ】
第1特集 わざわざ出かけたい 道の駅
第2特集 星降る高原、海の宿