ここから本文です

三大都市圏と地方で幸福度は違うのか

5/15(月) 17:30配信

政治山

 地方創生政策は、「まち」「ひと」「しごと」の三位一体の改革として推進されています。「地域住民生活等緊急支援のための交付金」や「地方創生推進交付金」など、平成26~29年度までに、毎年1千億円以上、計5,600億円の交付金が実施されています。各自治体では「観光振興」「生涯活躍のまち」「働き方改革」などのテーマで、地域の特色を活かした政策に取り組んでいます。こうした取り組みによって住民の生活が良くなっているのか検証する指標として、「幸福度」が注目されており、住民の幸福の追求という使命のもとに設立された「幸せリーグ」には、100近くの自治体が参加しています。

 本連載では、PB地方創生幸福度調査検討委員会(事務局 パイプドビッツ パイプド総研)による全国2万人の幸福度調査結果の紹介や、委員会の有識者との対談など、「地方創生」と「幸福度」の関係性を読み解いていきます。

 第1回は、「幸福度の地域間の差」をテーマに、大都市圏と地方圏で幸福度に差があるのか検証していきます。

「地方創生」を測る指標って?

 多くの自治体で地方創生事業が展開されている一方で、地方創生事業によって地域が活性化したのかどうかを検討する必要があります。

 従来、地域の活性化を示す指標としては、産業の状況や人口などの「客観的な」指標が用いられてきました。しかしながら、地方創生の目的は「地域住民にとって」住みやすい地域づくりであり、地方創生事業の主役は地域住民です。

 そこで、本連載では地域住民の「主観的な」指標に着目し、近年注目されている「幸福度」を用いて、地方創生との関係を読み解いていきます。

幸福度ってなに?~「幸福な生活に必要なこと第1位」は健康~

 そもそも、「幸福度」とはどんな指標なのでしょうか。

 幸福度とは、各個人が感じる「幸せ」の程度を表す指標であり、主観的幸福感とも呼ばれています。幸福度を測ることにより、人々が日々の生活において幸せを実感しているかどうかを示すことができます。

 幸福度に関する調査は、これまでも内閣府や自治体が行っています。内閣府経済社会総合研究所では、幸福度に関する項目を入れた調査「生活の質に関する調査」を平成24~25年度に行いました。東京都荒川区は平成17年に「荒川区民総幸福度(通称:GAH)」を提唱し、幸福度に関する調査を行うとともに、GAH向上へ向けた区民サービスや政策立案を行っています。たとえば、世論調査より、「幸福な生活に必要なこと」の第1位が「健康」であることも踏まえ、区内の飲食店と女子栄養大学と区が協力し、栄養バランスのとれた「あらかわ満点メニュー」を開発しました。

1/2ページ

最終更新:5/15(月) 17:30
政治山

記事提供社からのご案内(外部サイト)

政治山

株式会社VOTE FOR

政治山は政治・選挙情報のポータルサイト
です。選挙において投票の判断材料となる
記事、候補者紹介・比較、動画、調査分析
などをお届けします。

Yahoo!ニュースからのお知らせ