ここから本文です

錦織、世界ランク9位にダウン 2年9か月ぶりトップ8陥落 全仏シード確保へピンチ

5/15(月) 7:37配信

THE ANSWER

15日付最新ランキング発表、1つ下げて9位…14年8月以来126週ぶりにトップ8転落

 男子テニスの最新世界ランキング(5月15日付)が発表され、錦織圭(日清食品)は1つ下げ、9位となった。これにより、14年9月から125週守り続けたトップ8から陥落。全仏オープン(28日開幕)で準々決勝まで上位との対戦を避けられる第8シード以内の確保へ、ピンチとなった。 

【画像】過去1年間の錦織の世界ランクは? 男子トップ選手のランキング推移一覧

 3月のマイアミ・オープンで右手首を痛めた錦織は4月のバルセロナ・オープンを欠場。3月20日付では自己最高タイの4位につけていたランキングは前週時点で8位に。巻き返しを狙って復帰したマドリード・オープンも右手首痛により、準々決勝の試合前に棄権。ポイントを伸ばせず、9位に順位を落とした。

 錦織は14年9月8日付で初のトップ10となる8位に上昇。以来、トップ8を守り続けてきたが、126週ぶりの陥落となった。全仏オープンでは上位8選手に対し、準々決勝まで上位との対戦を避けられる第8シード以内が与えられるため、9位なら早い段階で強豪のシード選手と激突する可能性もある。

 ランキング回復には、今週のイタリア国際でポイントを稼ぐ必要がある。しかし、マドリード・オープン後の棄権後、「ローマではプレーすると思いますが、様子を見たいと思います。今ここでプレーするか、辞退するのかは約束できない。全仏はより重要なので」と慎重な姿勢を見せていた。

 いずれにしても、実に2年9か月ぶりとなるトップ8陥落は錦織にとって厳しい結果となった。

 ほかでは、マドリード・オープンでマスターズ史上最多タイの30勝目を挙げたラファエル・ナダル(スペイン)が順位を1つ上げ、ロジャー・フェデラー(スイス)を抜いて4位、同大会準Vのドミニク・ティエム(オーストリア)が2つ上げて7位となり、錦織に代わってトップ8入りした。

 最新の世界ランキングトップ10は以下の通り。

1位(-)アンディ・マレー(英国)10360pt
2位(-)ノバク・ジョコビッチ(セルビア)6845pt
3位(-)スタン・ワウリンカ(スイス)5605pt
4位(△1)ラファエル・ナダル(スペイン)5195pt
5位(▼1)ロジャー・フェデラー(スイス)5035pt
6位(-)ミロシュ・ラオニッチ(カナダ)4180pt
7位(△2)ドミニク・ティエム(オーストリア)4035pt
8位(▼1)マリン・チリッチ(クロアチア)3735
9位(▼2)錦織圭(日本)3470pt
10位(-)ダビド・ゴフィン(ベルギー)3055pt

ジ・アンサー編集部●文 text by The Answer

最終更新:5/15(月) 8:48
THE ANSWER

記事提供社からのご案内(外部サイト)

THE ANSWER

株式会社Creative2

アスリートを目指す子供たちや競技者の育成とスポーツの普及をテーマとした総合スポーツニュースサイトです。