ここから本文です

今がフリーランスになるのに最適のときである理由

5/15(月) 9:10配信

ライフハッカー[日本版]

Inc.:最近、私は地元の美術学校からフリーランスのビジネスに関するパネルディスカッションにスピーカーとして招かれました。学生の皆さんから、現在のマーケットはどんな感じか、とか値段、売上、ブランディングなどについて、熱心な質問を浴びせられました。

このワークショップの中盤にさしかかった頃、私は突然実感したのです。私が7年近く前にフリーランスのライターを始めた頃に比べたら、今はクリエイティブな仕事の人がフリーランスになることははるかに簡単になっていると。

7年前にさかのぼると、フリーランスは就職できない人がすることでした(フリーランスになるきっかけは就職できないからでした)が、今やフリーランスはトレンドです。なぜ今がフリーランスになるには最適なときなのか、過去数年にわたりマーケットがシフトするのを見てきた私の個人的な経験に基づいて3つの理由を挙げたいと思います。

1.インターネットの発達が、フリーランスで仕事をしやすくしている

インターネットが普及したのはしばらく前のことでしたが、インターネットを使うことで場所にとらわれず、どこからでも仕事をする人が出てきたのは、ほんの2、3年前のことです。

私の仕事を例に取りましょう。私はインターネットがある限り仕事ができます。コワーキングスペースからでも自宅のベッドからでも、自分が選んだどの都市からでもどの国からでも、インターネットにアクセスできれば仕事をすることが可能です。

インターネットのおかげでマーケティングや顧客の幅を広げることも容易になりました。スモールビジネスはもはや地元のマーケットに縛られることがなくなりました。私がフリーランスで文章を書いたりコンテンツマーケティングの顧客を持つことができるのもインターネットのおかげです。インターネット様様です。

2.儲かる

Freelancer's Union and Upworkの調査によれば、ほとんどのフリーランサーがフリーランスになる直前の仕事よりたくさんお金を稼いでいると言っています。

私もそうです。今の総所得は、就職していた最後の時期の3倍です。率直に言うと、以前の1週間分以上を1日で稼げてしまいます。さらに、稼ぎに上限がありません。ビジネスをうまく回していければ、その分お金をたくさん稼げるのです。

1/2ページ

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ライフハッカー[日本版]

株式会社メディアジーン

毎日更新中

ガジェットなどを駆使し、スマートに楽しむ仕事術「Lifehack」。「ライフハッカー[日本版]」では、その言葉を広義に捉え、生活全般に役立つライフハック情報を日々お届けします。

ライフハッカー[日本版]の前後の記事