ここから本文です

【無人宇宙機】、地球に帰還:極秘のミッションとは?

5/15(月) 12:20配信

WIRED.jp

米空軍の無人宇宙機「X-37B」が、718日間の低軌道飛行を経て地球に戻ってきた。詳細が明らかにされていないその目的とは──。専門家の推測に基づいて解説する。

【写真紹介】米空軍の無人宇宙機

謎に包まれた米空軍の無人宇宙機「X-37B」が、718日間の宇宙飛行を経て地球に戻ってきた。同機による軌道上の4つのミッションとしては最長だ。

5月7日(米国時間)に同機が着陸して完了した今回のミッションの前に、同型の1号機と2号機が、計3つのミッションを完了している。飛行日数は224日(着陸は2010年12月)、469日(着陸は2012年6月)、674日(着陸は2014年10月)と順次延びている。

この宇宙機は、ボーイングが米空軍向けに製造したものである。スペースシャトルに似ているが、長さ8.9m、高さ2.9mとかなり小型だ(スペースシャトルのオービターの約1/4サイズ)。標準サイズの冷蔵庫が入るくらいの貨物室がある。国際宇宙ステーションより低い軌道を飛行するようだ。

米軍は、X-37Bがこれほどの長期にわたり宇宙空間で何をしているかについて、「宇宙船を再利用する技術の開発を行っている」以上のことを明かしていない。だが約1年前、『Air & Space』誌では、多くの宇宙機専門家に話を聞き、考えられる空軍の目的を推察した。それによるとX-37Bは、ナヴィゲーションや着陸の機能をはじめとする自律システムをテストしているようだ。

さらにほとんどの専門家が、空軍は現在の偵察衛星に代わる高度な監視システムを開発しようとしており、この宇宙機を軌道試験のベース機として使うつもりだと考えている。米軍は、大型で高額なのに壊れやすい観測衛星から、もっと小型で安価だが必要な機能を備えた偵察システムへと移行しようとしているのだ。

また、有人宇宙機に組み込む技術をテストしているのかもしれない、という意見もある(ボーイングは、X-37Bを大型化し、5~6名の人員を運べるようにする構想も発表している)。人工衛星を回収し、地球で修理するために使うという役割も考えられる。

1/2ページ

最終更新:5/15(月) 12:20
WIRED.jp

記事提供社からのご案内(外部サイト)

『WIRED Vol.28』

コンデナスト・ジャパン

2017年6月8日発売

630円(税込み)

特集「Making Things ものづくりの未来」。大量生産、大量消費の時代が終わりを迎えるなか、ヒトはいかにものと向き合い、それをつくり、使っていくのか。