ここから本文です

『ちびまる子ちゃん』でまる子の恋愛回!? まる子が気になる男子とは?

5/15(月) 20:01配信

おたぽる

 5月14日にTVアニメ『ちびまる子ちゃん』(フジテレビ系)の第1100話が放送された。今週もさまざまな反響がネットに上がっていたので、ネットの声とともに内容を紹介したい。

 前半に放送されたエピソードは「『まる子、意外な人の夢を見る』の巻」。ある日、「秀樹」好きで有名なまる子のお姉ちゃん・さきこが、「みちる」の歌を口ずさんでいたことにまる子は驚く。さらにさきこはみちるのテレビ出演情報も気にするなど、明らかに様子がおかしい。何でも、みちるのコンサートに行く夢を見たことが理由らしい。

 学校でも夢の話題になり、たまちゃんは「欽ちゃん」と一緒に「コント55号」として漫才をして、欽ちゃんの横で「二郎」の「飛びます飛びます」をやったという謎の夢を見たと明かす。するとこの話を聞いていたクラスメイトの中島と三沢が、2人に向かって「飛びます飛びます」と連呼してからかうのだった。

 呆れるまる子だったが、その日に見た夢で中島と三沢が「昼間はごめん」「俺たち反省したよ」と、紳士的に謝りお詫びに花束まで渡してきた。するとここから、まる子はなんとなく中島と三沢を目で追ってしまうように。なんだか恋の予感のする展開に、ネット上は「惚れちゃうのか?」「ひゅーひゅー付き合っちゃえよ~」と盛り上がる。

 視線に気づいた中島と三沢は「なんで見てんだよ」とまる子を問い詰めるのだが、ここに冬田さんとみぎわさんが登場して、まる子は恋心から見ているのだと語りだし、さらに事を荒立てる。困り果てるまる子を救おうと、たまちゃんは「まるちゃんは中島と三沢の夢を見ちゃって、つい気になって」と言ったのだがこれがかえって事態を大きくして、まる子は2人に対して恋心があるのだと完全に誤解されてしまう。

 中島と三沢は顔を赤らめながら「参ったぜ」とちょっとまんざらでもない様子になるが、すぐにからかいモードに戻り「はっきり言って迷惑! じゃあな!」と走り去る。取り残されたまる子は、冬田さんとみぎわさんに慰められながら「何で私振られたみたいになってんのかな」と落ち込むのだったというオチで、案の定、本格的な恋愛話に至らず、一安心。

 後半に放送されたのは「『まる子、庭を掘ったら…?』の巻」。ある日テレビで「埋蔵金スペシャル」という番組を見ていたまる子は、「あれだけお金があったら駄菓子屋さんのくじ何回もできるよ」と想いを馳せる。

 そこで家の庭を掘ってみることに。もちろん庭からは、土器かと思ったら割れた植木鉢が出てきたり、宝石かと思ったらビー玉が出てきたりなど、お宝が見つかる気配は無い。だが、ここである意味お宝である、去年の冬にまる子が自分自身で埋めた瓶が見つかる。中には「未来の自分のために」と、まる子が入れた20円が入っていたのだ。

「でかしたよ過去の私!」と、まる子はさっそくそのお金で駄菓子屋に行こうとするが、まだ使わずに未来の自分のために取っておこうかとも考える。しかし、はまじがクジで2等を引いたという知らせを聞くと、未来の自分のことはおかまいなしに使う決意をするのだった。

「うん、安定のクズオチだった」と、今週も視聴者を満足させた『ちびまる子ちゃん』。来週もグータラなまる子を期待したい。

最終更新:5/15(月) 20:01
おたぽる