ここから本文です

マンU移籍合意報道のハメスがレアルに別れ? ホーム最終戦の交代時に万感の拍手喝采

5/15(月) 14:30配信

Football ZONE web

セビージャ戦に先発 後半15分の交代時にスタンディングオベーションで送り出される

 マンチェスター・ユナイテッド移籍の可能性が高まっているレアル・マドリードのコロンビア代表MFハメス・ロドリゲスは、本拠地最終戦となる14日のセビージャ戦で万感のスタンディングオベーションで送り出された。

【写真一覧】美女サポーター特集 あのスター選手の美人妻やガールフレンドも…

 レアルの2-1リードで迎えた後半15分、ハメスはブラジル代表MFカゼミーロとの交代が告げられる。リーガ残り2試合はいずれもアウェー戦で、UEFAチャンピオンズリーグ決勝はウェールズのカーディフで開催されるため、これがサンチャゴ・ベルナベウでの今季最終戦となる。

 交代が告げられたレアルの背番号10は、ピッチ上で感傷的な表情を見せた。拍手をしながらその場でスタンドをぐるりと見渡し、サポーターのスタンディングオベーションに応えながらピッチを後にした。

 ハメスは2014年ブラジル・ワールドカップでの活躍が認められ、その夏に8000万ユーロ(約96億円)の移籍金でモナコからレアルに加入。1年目は公式戦17得点18アシストと大活躍を見せた。

 だが、昨季はピッチ内外の素行不良でラファエル・ベニテス前監督の信頼を失うと、ジネディーヌ・ジダン監督もハメスを重用せず。スペイン代表MFイスコ、売り出し中の若手MFマルコ・アセンシオ、FWルーカス・バスケスらが優先的に起用されることが多かった。昨年5月のUEFAチャンピオンズリーグ決勝アトレチコ・マドリード戦、12月の鹿島アントラーズとのクラブワールドカップ決勝など、大舞台で出番を手にすることができなかった。

地元紙「ベルナベウに別れを告げた」

 移籍を示唆することもあったが、少ない出番を手にした時には結果を出した。今季リーグ戦では21試合8得点6アシスト。CLでは6試合2アシスト。国王杯では3試合3得点4アシストと、南米屈指のレフティーに相応しいパフォーマンスでチームに貢献した。この日も前半23分にクリスティアーノ・ロナウドが決めたチームの2点目は、ハメスのシュートのこぼれ球を押し込んだものだった。

 交代時に見せた万感の挨拶により、ハメスの今季限りでの移籍は確実のようだ。スペイン紙「マルカ」も、「ハメス・ロドリゲスはベルナベウに別れを告げたかに見える」と交代の様子を報じている。

「ロドリゲスがスタジアムの四方に挨拶をすると、電光掲示板には彼の背番号が示された。移籍を示唆しているのだ」

 潤沢な資金力を誇るマンチェスター・ユナイテッド移籍で、すでに合意に達していると報じられているハメス。今夏レアルから去る可能性はさらに高まったようだ。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:5/15(月) 14:30
Football ZONE web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Football ZONE web

fangate株式会社

日本代表や欧州各国リーグなど、国内外のサッカー情報を毎日更新