ここから本文です

ミラン番記者が語る本田の「理想的な新天地」 レバンテ移籍は噂レベル、活躍できる場所は?

5/15(月) 19:40配信

Football ZONE web

W杯に向けて「ヨーロッパでプレーを続けるのはいいこと」と指摘

 ACミランの日本代表FW本田圭佑は、13日に行われた第36節の敵地アタランタ戦でリーグ戦26試合連続の先発落ちとなり、1-1ドローに終わった試合で出番は訪れなかった。今季限りで契約満了となる本田はベンチ要員という現状で契約延長オファーは届いていない。来季スペイン1部に昇格するレバンテへの移籍話が浮上しているが、イタリアの番記者は「理想的な新天地」に言及。移籍実現を左右するスポンサーやマーケティングについて「付随することは避けられない」と指摘している。

【一覧】海外日本人プレーヤー43人「最新推定市場価格ランキング」

 本田はアタランタ戦で出番なしに終わった。ヴィンチェンツォ・モンテッラ監督は定番の4-3-3システムではなく、3-5-2システムで臨んだが、本田には最後まで声が掛からず。このまま寂しくチームを去りそうな背番号10について、地元テレビ局「7ゴールドTV」で長らくミラン番記者を務めてきたパオロ・ヴィンチ記者は本田のレバンテ移籍について考察を深めている。

「レバンテ? 確かにそういう噂は存在する。本田にとっては、スペインでプレーするのはミランにいるよりもずっといい。ロシア・ワールドカップ(W杯)のためにも、ヨーロッパでプレーを続けるのはいいことだ。世界から注目を浴びることができるし、持続性を持ってプレーすることができるかもしれない。日本代表でプレーするためにも、良い選択かもしれない。実際に移籍するか、交渉しているかはこれから先の確認が必要だし、オファー内容を計らなければならない」

 ヴィンチ記者は本田のレバンテ移籍に関して、噂レベルで正式オファーの段階には至っていないと分析。それでも、2018年に迫るロシアW杯での日本代表メンバー入りに向けて出場機会を手にできるかもしれないと指摘している。ミランでは昨季リーグ戦1得点3アシスト。今季はリーグ戦98分の出番で得点もアシストもない。

「落ち着いてプレーできる」移籍先は?

 ここ2シーズン、セリエAで結果を残せていない本田はよりレベルの高いスペインで活躍できるのだろうか。2014年1月に移籍金ゼロでCSKAモスクワからミランに加入した時から本田に好意的なレビューを続けてきた珍しい「擁護派」でもあるヴィンチ記者は優しい視線を注ぐ。

「どこへ行っても、本田は通用すると思う。ミランの今季よりもマシ。ヨーロッパでプレーを続けるための、より強力なアプローチとなるかもしれない。ロシアリーグはヨーロッパと言ってもレベルに限界があった」

 本田は新天地で結果を出せると語る一方で、移籍先としてレバンテは理想的とは言えないという。

「レバンテは移籍先として理想的ではない。移籍できるなら重要と言えるかもしれないが、私はアメリカが理想的だと思う。プレッシャーなく、落ち着いてプレーできるから。プレッシャーもないので、彼のハイクラスのプレーを見せることができるはず」

 レベルの高いスペインではなく、ランクを落としたアメリカの方が活躍できる可能性が高いとヴィンチ記者は語っている。そして、本田の移籍実現には重要な要素が存在するという。

1/2ページ

最終更新:5/15(月) 19:40
Football ZONE web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Football ZONE web

fangate株式会社

日本代表や欧州各国リーグなど、国内外のサッカー情報を毎日更新