ここから本文です

15歳FW久保、ホンジュラス戦で途中出場 決定機外し、ピッチ上に突っ伏し悔しさを露わ

5/15(月) 21:21配信

Football ZONE web

親善試合U-20ホンジュラス戦で後半16分から登場、その後の30分1本にもフル出場

 U-20日本代表FW久保建英は、15日にエコパスタジアムで行われたU-20ホンジュラス代表との親善試合で後半16分から途中出場。前後半45分を戦った後に行われた30分1本のトレーニングマッチにもフル出場して技術の高さを見せた。

【一覧】海外日本人プレーヤー43人「最新推定市場価格ランキング」

 久保は2-2で迎えた後半16分にピッチへと送り出され、小川航基(磐田)とともに2トップを形成。12日に行われたジュビロ磐田戦でもチャンスを創出した久保は投入直後に右サイドで起点になると、その流れからの波状攻撃で得た左CKから勝ち越し点が生まれる。同18分、MF遠藤渓太(横浜FM)のキックをDF板倉滉(川崎)が頭で合わせて、3-2とした。

 同27分にはハーフライン右付近でボールをキープするとドリブルで相手マーカーをいなし、前方へとスルーパス。走り込んだ遠藤に通る直前で相手GKにカットされたが、確かな技術と視野の広さを見せた。

 3-2で日本が勝利した試合後には30分1本のトレーニングマッチが行われ、久保もそのまま出場した。2分には左サイドをドリブル突破するとフィニッシュまで持ち込み、その後も柔らかなクロスを送って味方のシュートを導き出すなど攻撃をけん引。22分にはゴール正面で倒れ込んだ状態のところにボールが転がると、器用な身体の使い方でフィニッシュまで持って行く場面もあった。

GKとの1対1でループも…

 同28分には最終ライン裏を抜け出しGKと1対1となる決定機を迎え、相手の虚を突くループシュートを放ったもののボールはゴール左へと外れ、ピッチ上に突っ伏して悔しさを露わにした。

 最後に決定機を逃すなど明確な結果を残せなかった久保。この悔しさを20日から開幕するU-20ワールドカップの大舞台で晴らしたいところだ。

■FIFA U-20ワールドカップ韓国
●グループリーグ
第1戦:5月21日 南アフリカ(17時/水原)
第2戦:5月24日 ウルグアイ(20時/水原)
第3戦:5月27日 イタリア(20時/天安)
●決勝トーナメント
ラウンド16:5月30日・31日 or 6月1日
準々決勝:6月4日 or 5日
準決勝:6月8日
3位決定戦/決勝:6月11日

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:5/15(月) 21:21
Football ZONE web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Football ZONE web

fangate株式会社

日本代表や欧州各国リーグなど、国内外のサッカー情報を毎日更新