ここから本文です

ラッパーの「10年契約」に230億円 米コンサート企業の驚愕の実力

5/15(月) 16:45配信

Forbes JAPAN

ラッパーのジェイ・Z(47)は2008年、世界最大のコンサート運営企業のライブ・ネイションと10年間の独占契約を締結。契約金の額は1億5000万ドルという巨額なものになった。「俺はヒップホップ界のローリング・ストーンズになった」と当時のジェイ・Zは述べた。



そのジェイ・Zが、前回をさらに上回る金額でライブ・ネイションとのツアー活動の契約を更新した。今回の10年契約の金額は2億ドル(約230億円)に達するという。

ライブ・ネイションの社長でCEOのマイケル・ラピーノは5月11日に公開した声明で次のように述べた。「ジェイ・Zは世界の音楽ライブ業界で最も価値のあるアーティストだ。今回の契約で、クリエイティブとビジネスの両面で彼との関係を強化し、彼の活躍の場をさらに広げていく」

ジェイ・Z側はこう述べた。「ライブ・ネイションとは9年以上の付き合いになるが、世界の様々な都市で歴史的瞬間を生み出してきた。マイケル・ラピーノは業界のビジョナリー的人物であり、今回の契約は彼や才能あるライブ・ネイション社員らと今後もパートナーシップを続けることの宣誓だ。この先の10年も、ライブ業界を根底から変えるチャレンジを続け行く」

ライブ・ネイションもジェイ・Zも契約の詳細には触れていない。しかし、今回の契約は以前のものとは違い、ジェイ・Zのライブ活動のみを対象としたものになると伝えられる。以前の契約ではアルバムに対する前払金も支払われていたが、今回の契約にはそれが含まれていないようだ。

ジェイ・Zは先週、フォーブスが発表した「ヒップホップ界長者番付」でディディに続いて2位にランクインした。ジェイ・Zの資産額は8億1000万ドル(約925億円)で、ディディとの差はわずか1000万ドルとなっている。

マドンナ、U2も在籍の業界最大手

ライブ・ネイションがその名を世界に轟かしたのは、マドンナが2007年にそれまで25年間在籍したレコード会社のワーナーミュージックを離れ、同社と独占契約を結んだ時だった。その際は10年の契約で1億2000万ドル(約140億円)をマドンナは手にしたと言われている。

その後もライブ・ネイションはU2やレディ・ガガといった大物アーティストと独占契約を行い、従来はレコード会社が支配権を握っていた音楽業界の座組を根底から変えた。

コンサート運営だけでなく傘下のチケットマスターを通じたチケット販売や、広告事業、アーティストマネジメントの4つを柱とするライブ・ネイションは近年売上を急増させており、2016年の売上高は83億5400万ドルに及んでいる。

Zack O'Malley Greenburg

最終更新:5/15(月) 16:45
Forbes JAPAN

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Forbes JAPAN
2017年11月号

株式会社アトミックスメディア

2017年11月号
9月25日(月)発売

890円(税込)

成功のヒントはフォーブスにあり!
Forbes JAPAN 無料会員に登録すると、すべての記事が読み放題。MY PAGEで記事の保存や閲覧履歴チェック、限定プレゼントへの応募も可能に。