ここから本文です

あったはずのウエストのくびれを取り戻す たった3つの簡単ストレッチ! 

5/15(月) 12:01配信

CREA WEB

 健康やダイエットのために何かやりたい。そんなときには、道具いらずですぐに始められるウォーキングに注目してみませんか? 

「骨盤腸整ウォーキング」を提案する山崎美歩呼先生によると、正しい姿勢でウォーキングをすることで、猫背やO脚、ぽっこりおなかも改善して、脂肪が燃焼するやせやすい体をめざせるのだそう。そこで、体のラインが変わり、姿勢よく美しく歩けるようになるための、10回レッスンを開講! 

●第8回 ウエストにくびれを作る
女性らしいカーヴィなウエストラインに

 おなか周りやわき腹にお肉がつくと、なくなってしまうのがウエストのくびれ。くびれがなくなったことで、シャツをパンツにインするのをあきらめている人も多いのでは? くびれは女性らしさの象徴でもあるので、なくなってしまったくびれを取り戻したいものです。

「ウエストにくびれを作るには、ひねりを加えたエクササイズが効果的です。ひねる時のコツは、骨盤を動かさないようにして、ウエスト部分だけをひねること。また、わき腹を縮めたり、伸ばしたりする動きも、わき腹についたお肉を落とし、カーヴィなウエストラインを作るのに役立ちます。

 ふだんの生活ではわき腹を鍛える機会がないので、意識してひねる動きをおこなうようにしましょう。ひねることで、くびれができるだけでなく、股関節、骨盤、背中の筋肉がほぐれて、全身のゆがみ調整にもなります。腰痛や生理痛の解消にも役立つのでやってみてください」(山崎さん)

ストレッチ(1) クロスツイスト

 腹斜筋を刺激してくびれを作るのと同時に、肩甲骨も動かして肩こりの解消にもなります。

 右足を左足の前にクロスして立ち、右手は左のお尻の下を持つ。左手は内側に伸ばす。10秒キープ。反対の足も同様におこなう。呼吸の方法は動画を参照して。

<ここをチェック!>

 ウエストにひねりを加えるが、体は前を向いたまま。

ストレッチ(2) ピーターパン

 寝転んだ状態でおこなうウエストひねり。気持ちよく体を伸ばせます。立ったままおこなう方法もあり。

(1) 床に仰向けになり、両手を真横に広げ、右足を左の太ももの外側に置く。

(2) 右ひざを左の床につけ、顔は左側に向ける。ひざが床につかない場合は、右ひざを床方向に倒すだけでOK。10秒キープ。反対側の足も同様に。

1/2ページ

最終更新:5/15(月) 12:01
CREA WEB

記事提供社からのご案内(外部サイト)

CREA

文藝春秋

2017年11月号
10月7日発売

定価780円(税込)

やっぱり行きたいね、京都。

京都おいしいごはんリスト
坂口健太郎「好青年の別の顔」

Yahoo!ニュースからのお知らせ