ここから本文です

久保建英、決定機逃し「残念」。途中出場で手応え「初戦を十分にイメージできた」

5/16(火) 6:40配信

フットボールチャンネル

 U-20日本代表は15日、U-20ホンジュラス代表とエコパスタジアムで親善試合を行った。90分間の試合では3-2の勝利をおさめている。史上最年少の15歳でメンバー入りした久保建英(FC東京U-18)は後半から途中出場を果たした。試合後に久保は取材に答えている。

【動画】久保建英、鮮やかドリブルでゴール演出!相手DFを翻弄する超絶テクを披露

 90分間の試合のあと、さらに30分1本のトレーニングマッチが行われた。こちらは15分に高木彰人(G大阪)がゴールを挙げてリードを奪う。終了間際には久保が決定機を迎えてループシュートを放つが枠を外れて追加点は奪えなかった。試合は日本が1-0で勝利している。最後のループシュートについて久保は「決めるつもりだったんで、残念だったです」と答え悔しさを滲ませた。

 途中出場に関しては「途中から出てきたのは自分だけじゃないんで、5人一緒に出てきて、5人で流れ変えられたらなと思いました」とし、最初にワンツーでスイッチを入れるような動きをして、その後すぐに得点が入ったが、きっかけを作る意識は持っていたかについては「そんなに意識とかはしてないですけど、あれが自分のプレーなので」と答えている。

 久保は攻撃に絡み走り込んでパスを出すことも多かった。連携面に関して「非常にいい連携は築けてると思うんですけど、選択肢が沢山ある分、自分に出てこないことはありますけど、そこは選択肢の1つとして持ってもらえればなと思います」と一定の手応えがあることを明かした。

 U-20ワールドカップは20日に開幕し、日本の初戦は21日の南アフリカ戦となる。それに向けては「みなさん言ってましたけど、ホントに良いシミュレーションにはなったかなっていう。球際だったり、切り替えだったり、カウンターの速さだったりってところで、初戦を十分にイメージできたと思います」と語った。

(取材:元川悦子【静岡県】、文・構成:編集部)

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)