ここから本文です

葉月里緒奈 夫と娘残して選んだ「12年目の極秘離婚と新恋人」

5/16(火) 0:00配信

女性自身

かつて真田広之(56)やイチロー(43)とも浮き名を流し、“魔性の女”と呼ばれた葉月里緒奈(41)。彼女が04年に結婚した不動産会社御曹司の夫と離婚、娘(12)を残して家を出たことが本誌の取材で判明した。

葉月が幸せを掴んだのは、04年にいまの夫と結婚してから。夫は不動産会社の御曹司で、同年11月には長女も誕生している。わずか3年前、本誌の直撃に彼女は満面の笑顔でこう答えていた。

――高級住宅地に建つ、地下1階、地上3階の鉄筋コンクリート造り。素晴らしい豪邸にお住まいですね。

「全部もう、主人が買ってくれました。ローンとかも全部彼が。私は全然わからないんですよ。生活費は全部彼からです」

――じゃあ、葉月さんが稼いだ分は自分のお小遣いに?

「そうですよ、私のものは私のものですから!(笑)。今はヨガにハマってます。(仕事は)娘がいて家を開けられないので、長期ロケとかは無理なんです。娘の休みに合わせて、年に1回くらいだけ」

この言葉どおり、結婚以来、女優業はセーブしていた葉月だったが――。

「じつは、すでに2年ほど前にご主人とは別れています。娘さんに迷惑がかかってはと、公表は避けてきたそうです」(芸能プロ関係者)

そして取材を進めると、さらなる衝撃情報が――。

「葉月さんにはもう新しい恋人がいるんです。ジュエリーの卸販売などを手がける会社の社長をしているAさん(47)です」(前出・葉月の知人)

調べると、A氏が経営する会社は年商5億円ほど。芸能人が多く住む港区内のタワーマンションに住み、かなり羽振りがいいようだ。いまは葉月の元夫と娘だけが暮らす、都内の豪邸を訪れてみた。5月中旬の朝10時すぎ、家から出てきた夫に「葉月さんと離婚されたと聞きました」と聞くと、表情がこわばった。

「僕は何もお話しできません。本人に聞いてください。ただ、(葉月)本人はいませんので、今後は(自宅には)来ないでください」

新恋人といわれるA氏の会社にも電話で連絡すると、本人から電話がかかってきた。

――葉月さんとお付き合いをされているそうですね。

「それは本人の事務所に聞いていただいたほうがいいと思います。全然(交際に)問題はないですよ。スキャンダルとかはないです。それでは」

A氏の言った「スキャンダルはない」とはどういう意味なのか。A氏の知人が言う。

「2人が交際を始めたのは、離婚が成立した後だと聞いています。ですから“不倫ではない”ということなんでしょう。でも、あの2人がいまも付き合っているのかは、ちょっとわかりません」

確認を求めると、葉月の所属事務所も離婚を認めた。

「離婚したのは事実ですが、それ以外にはお話しすることはありません」

前出・葉月の知人が語る。

「葉月さんが娘さんを残して家を出たのは、娘の教育などについて元夫と話し合って決めたことだと聞いています。それがベストだとはいえ、断腸の思いだったと思います。今も元夫とは、娘の両親として、連絡は取り合っているそうですよ」

ならば、なぜ――。“魔性の女”は復活するのか。

最終更新:5/16(火) 0:00
女性自身

記事提供社からのご案内(外部サイト)

女性自身

光文社

2779号・6月20日発売
毎週火曜日発売

定価400円(税込)

横澤夏子“年内結婚計画”を初告白!
中村獅童がん手術リハビリ支えた妻が妊娠
中居正広“残留”決意させた香取「感謝の言葉」