ここから本文です

「キャリアを伸ばすため」 フェデラー全仏欠場、GS制覇より大切だった35歳の“未来”

5/16(火) 10:32配信

THE ANSWER

復活の絶対王者、全仏欠場を表明…「自分のキャリア伸ばすためのカギ」とは

 今年の全豪オープン覇者で世界ランキング5位、ロジャー・フェデラー(スイス)が28日に開幕する全仏オープンを欠場することを決めた。「クレーコートでプレーすることはフィジカル的に最善ではなかった」と理由を説明している。英公共放送「BBC」が報じた。

【画像】過去1年間の錦織の世界ランクは? 男子トップ選手のランキング推移一覧

 フェデラーはひざの負傷から復帰直後の1月全豪オープン決勝で、世界ランク4位のラファエル・ナダル(スペイン)と名勝負を繰り広げた末に勝利。5年ぶり通算18度目となるグランドスラム制覇を達成。勢いに乗ってBNPパリバ・オープン、マイアミ・オープンとマスターズ1000の2大会を制覇するなど、完全復活を印象づけた。

 その後はコンディション面を考慮し、全仏オープンまで8週間の休養を明言していたが、今回、2年連続となる全仏オープン欠場を決めたことで、クレーコートシーズンは全休となった。同局によると、フェデラーは理由を以下のように語ったという。

「私自身、日程調整を考えることこそが自分のキャリアを伸ばすためのカギになると考えている。そのため、私自身、そしてチームは今年1回でもクレーコートでプレーすることは、私自身のテニスにとってベストとは言えず、残りのシーズンを考慮すると、フィジカル的にも最善ではなかった」

 ひざなどへの負担が大きいクレーコートでのプレーが欠場の理由と説明。目の前のグランドスラムよりも35歳の“未来”を大切にした決断だったようだ。

五輪金スイス人OBは決断支持「クレーの全仏で優勝するチャンスはかなり少ない」

 一方で「私は、いつも素晴らしいサポートをくれるフランスのテニスファンに会えないことを寂しく思う。だからこそ、来年こそ、ローラン・ギャロスで皆さんとお会いできることを楽しみにしている」と地元ファンにメッセージを送った。

 また、同局はフェデラーと同じスイス出身で、バルセロナ五輪金メダリスト、マルク・ロセのコメントを紹介。復帰時期について予想している。

「クレーの全仏オープンで優勝するチャンスはかなり少ないと思うし、ロジャー自身、勝つために大会に参加するタイプだ。年齢的な問題ではないし、彼はウィンブルドン前にグラスコートで2大会をプレーするだろう」

 7月に開幕するウィンブルドン、その後のハードコートシーズンに向け、照準を絞ったフェデラー。8月で36歳となるレジェンドは、今後も自らの肉体を冷静に判断し、戦いに臨むことになりそうだ。

ジ・アンサー編集部●文 text by The Answer

最終更新:5/16(火) 12:10
THE ANSWER

記事提供社からのご案内(外部サイト)

THE ANSWER

株式会社Creative2

アスリートを目指す子供たちや競技者の育成とスポーツの普及をテーマとした総合スポーツニュースサイトです。