ここから本文です

注目は金子と千賀の再戦。オリのエースは前回のリベンジを果たせるか【パ第14節展望】

5/16(火) 13:30配信

ベースボールチャンネル

 16日から第14節に入るパシフィック・リーグ。オリックス・バファローズの金子千尋投手は前回、福岡ソフトバンクホークス千賀滉大投手との投げ合い、8回2失点にまとめるも、援護が1点しかなく敗戦した。今節初戦も同対戦となるが、果たしてリベンジできるのだろうか。

パ6球団のチアがファッションショーやダンスバトルで交流!

待たれる主砲・中田の打棒復活

1位 楽天 ― 5位 日本ハム 秋田、盛岡 4勝1敗0分

 秋田・盛岡での2連戦だ。地方球場での戦いがどう作用するか注目したい。首位の東北楽天ゴールデンイーグルスはこのまま突っ走ることができるか、前節3連勝の北海道日本ハムファイターズは首位を叩いておきたい。

 ホーム・楽天の初戦先発が辛島航と発表されている。5試合で3勝2敗とまずまずの成績だが、この2試合は連敗。前回登板ではノックアウトされているだけに、ここは踏ん張りどころだ。両コーナーを低めについていくピッチングができれば、そう打たれるはずはないが、前回のピッチングがやや不安要素だ。2戦目はエースの則本昂大だろう。辛島とは逆で、試合を重ねるごとに調子を上げている。好調の近藤健介をどう抑えるかも注目したい。

 打線は、週末の2連戦からジャフェット・アマダーを4番に戻した。1番・茂木栄五郎、2番カルロス・ペゲーロの形が機能しているだけに、大きな心配はない。むしろ、島内宏明が6番に回ることで、下位打線以降の厚みも期待できそうだ。ただ、左腕投手の前にはこの2戦やられているだけに、2戦目がカギになってくる。

 5月に入って9勝2敗と好調の日本ハムだが、うち6勝が最下位の千葉ロッテマリーンズからのもので、まだ安心できるレベルではない。首位・楽天に対して、どういう戦いができるかで今後の趨勢が変わってくるはずだ。いわば、大事な2連戦と言える。

 初戦の先発は高梨裕稔が上がる。前回登板では5回5失点と試合を作ることができなかった。どう修正することができるか。昨年は対戦打率.213と抑えているが、今季の初対戦はどうなるか。2戦目は加藤貴之だろう。防御率1.93と安定しており、ゲームメイクに期待したい。楽天は左打者が多く、左投手に苦戦している。加藤の持ち味を生かして相手打線を封じたい。

 一方、打線は3番近藤が打率433と好調をキープしている。5月に入って好調のブランドン・レアード、田中賢介と打線に厚みが出ている。主砲の中田翔さえ、元気になれば言うことはない。

1/2ページ