ここから本文です

吉田所属のサウサンプトン監督、解任説を噂話と一蹴 「憶測に悩まされている暇はない」

5/16(火) 13:20配信

Football ZONE web

今季限りでの解任説が浮上、ハル・シティのシウバ監督を招聘と報じられる

 日本代表DF吉田麻也所属のサウサンプトンを率いるクロード・ピュエル監督は今季限りでの解任説が急浮上しているが、「憶測の話に悩まされている暇はない」と噂話を一蹴した。英衛星放送局「スカイ・スポーツ」が報じている。

【一覧】海外日本人プレーヤー43人「最新推定市場価格ランキング」

 ロナルド・クーマン監督(現エバートン)の退任に伴い、昨夏にサウサンプトン新監督に任命されたピュエル監督だが、周辺は解任報道で騒がしくなっている。英紙「インディペンデント」は先日、サウサンプトンがフランス人指揮官を1年で解任し、ハル・シティのマルコ・シウバ監督を招聘するのではと報じた。

 チームは残り2試合の時点でプレミアリーグ9位、リーグカップでは決勝でマンチェスター・ユナイテッドに2-3で惜敗するなど健闘を見せた。とはいえ、勝点63の6位でフィニッシュした昨季と比較すれば、今季は残り試合を全勝しても前年比で勝ち点12減、順位も2つ下がって最高8位という結果では“不十分”と判断されてしまうようだ。

 ピュエル監督は解任説について「憶測の話に悩まされている暇はない」と語り、単なる噂話としている。

「進歩し続けること」とチーム成熟に意欲

「プレミアリーグでより良い順位で終えるように考えることが最重要。憶測についてはコメントできない。私はプロジェクトを持ち、3年契約を結んでいる。ここでディレクターやスタッフ、そして選手たちと一緒で幸せだが、最も大切なことは進歩し続けること」

 指揮官はチームのさらなる成熟に意欲を燃やしている。ピュエル監督から信頼され、シーズン途中からレギュラーに定着している吉田にとっては、指揮官の去就次第で大きな影響が受ける形となる。気になる人事問題は進展を見せるのだろうか。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:5/16(火) 13:20
Football ZONE web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Football ZONE web

fangate株式会社

日本代表や欧州各国リーグなど、国内外のサッカー情報を毎日更新