ここから本文です

【16日のパ・リーグ結果】西武4連勝、オリックス連敗ストップ、E辛島4勝目

5/16(火) 22:04配信

ベースボールチャンネル

〇オリックス3-2ソフトバンク●(京セラドーム大阪)

 オリックス先発・金子千尋、ソフトバンク先発・千賀で試合は始まったが、千賀は背中の違和感で初回に二死を奪ったところで緊急降板。

美人すぎる女子プロ野球選手特集【埼玉アストライア】

 その後、ソフトバンクは石川のスクランブル登板を皮切りに、小刻みな継投策を採る必要に迫られた。しかし、ソフトバンクのブルペン陣は粘りの投球を見せ、試合は2-2と両軍一歩も譲らない展開となったが、8回に試合が動いた。

 8回、先頭のモレルが二塁打で出塁すると、伊藤が1球で犠打を決め、一死3塁と絶好機を作る。そして、続く大城が決勝点となる犠飛を放ち1点のリードを奪った。

 9回は守護神・平野が登板。平野は一死から川崎に二塁打を浴び、一打同点のピンチを招いたが、武田の好守もあり、最後は柳田を空振り三振に仕留め試合を締め、オリックスは連敗を6でストップさせた。

 先発・金子千尋は7回2失点という内容で同点時に降板したため、勝敗はつかなかった。しかし、8回に好救援を見せたドラ2ルーキー・黒木が嬉しいプロ初勝利を上げた。

 敗れたソフトバンクは、先発・千賀が緊急降板しながらも粘り強く戦ったが、最後はイニング跨ぎとなった6番手・森が力尽き、カード初戦を落とした。

〇西武3-2ロッテ●(ZOZOマリンスタジアム)

 西武が接戦を制し、4連勝を飾った。

 ロッテ先発・チェン、西武先発・野上は共に4回まで無失点に抑えていたが、5回に試合が動いた。

 5回表、一死から秋山・源田の連打で一死1・2塁とチャンスを作ると、浅村・中村に連続適時打が飛び出し、3点を先制した。投げては、先発・野上が6回1失点と試合を作り、牧田・シュリッター・増田と繋ぎリードを守り抜いた。シュリッターは1点を失い、1点差まで迫られたが、9回に登板した増田がしっかりと三者凡退に抑え、試合を締めた。先発・野上は今季3勝目、守護神・増田は今季5セーブ目を上げた。

 敗れたロッテは8回に1点差まで迫ったが、あと1点が遠く泥沼の6連敗となった。

〇楽天6-4日本ハム●(秋田・こまちスタジアム)

 楽天が秋田での主催試合を白星で飾った。

 楽天は1点ビハインドで迎えた3回、嶋・茂木の連打でチャンスを作ると、ウィーラーに今季5号となる3点本塁打が飛び出し、逆転に成功した。そして、4回には先頭の岡島が二塁打で出塁し、藤田の犠打で一死3塁とチャンスを作ると、嶋が適時打を放ち1点を追加。昨季新人王の日本ハム先発・高梨を4回途中でKOした。

 その後、楽天は7回に一死2・3塁のチャンスを作ると、岡島の打球を三塁手・レアードが悪送球。その間に走者が2人生還し、リードを広げた。

 楽天先発・辛島は6回途中2失点と勝利投手の権利を持って降板。その後、森原は無失点だったが、福山とハーマンが1失点ずつを喫する。しかし、最後は守護神・松井裕が何とか試合を締めた。辛島は今季4勝目、松井裕は今季15セーブ目をマークした。

 日本ハムは終盤に追い上げを見せたが、7回にレアードのミスで失った2点が大きく響き、連勝は4で止まった。

ベースボールチャンネル編集部