ここから本文です

U-20W杯で日本と同組のイタリア代表監督が断言 「素晴らしい才能が揃う世代だ」

5/16(火) 17:32配信

Football ZONE web

ミラン黄金期を知るエバーニ監督が抱負を語る 「大会の重要性と難しさを理解している」

 U-20ワールドカップ(W杯)は20日に韓国で開幕するが、日本と同組に入っているU-20イタリア代表のアルベリゴ・エバーニ監督が、ウルグアイとの初戦の重要性を語っている。イタリア衛星放送局「スカイ・スポーツ」のインタビューに応じたもの。

【動画】15歳の天才、久保建英が堂々のトップデビュー!

 エバーニ監督は現役時代、ACミラン黄金期の一員としてプレー。1989年のトヨタカップでは、コロンビア代表GKレネ・イギータを擁するアトレチコ・ナシオナルと対戦し、延長後半に決勝の直接FKを決めた。1994年のアメリカW杯ではイタリア代表の一員としてプレーし、ブラジルとの決勝ではPK戦3人目のキッカーとして登場し、冷静にゴールを決めている。

 そのエバーニ監督が率いるU-20イタリア代表は、大会の開幕時期がセリエA最終節が終了する前とあって、この年代でクラブのレギュラーポジションをつかんでいる選手は数名参加していない。エバーニ監督はそれでも、イタリアにおけるこの世代が強力なタレントを擁することに自信を持っている。

「我々はこの大会の重要性と難しさを理解しているよ。だが、選手たちの準備は整っている。(マヌエル・)ロカテッリや(フェデリコ・)キエーザのように、すでに上のカテゴリーでプレーしている選手もいるが、この1997年生まれの世代はイタリアにとって素晴らしい才能が揃う世代だ」

セリエAでプレーするタレントも参戦

 日本代表FW本田圭佑が所属するACミランでセンターハーフとして出場機会をつかんでいるロカテッリや、守護神ジャンルイジ・ドンナルンマ、父のエンリコ・キエーザと同様に強豪フィオレンティーナでプレーするキエーザは今回のメンバーには入っていない。しかし、ユベントスでデビューを果たしたMFロランド・マンドラゴラや、すでにユベントスが保有権を買い取り来季から加入するFWリッカルド・オルソリーニといったイタリア王者に才能を認められたプレーヤーは大会メンバーに名を連ねている。

 最終ラインにもセリエAエンポリで出場機会を得ているDFフェデリコ・ディ・マルコや、パレルモ所属で今季10試合に出場している185センチの長身DFジュゼッペ・ペッツェッラなど、粒ぞろいのメンバー構成となっている。

 エバーニ監督は「初戦のウルグアイ戦が非常に重要だ」と話す。そして第2戦では日本と対戦する。ミラン黄金期を知る指揮官が「素晴らしい才能が揃う」と断言するイタリアに対し、日本はどのような戦いを見せることができるだろうか。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:5/16(火) 17:32
Football ZONE web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Football ZONE web

fangate株式会社

日本代表や欧州各国リーグなど、国内外のサッカー情報を毎日更新