ここから本文です

インテル長友、非情の「リストラ候補」入り 「サヨナラの道を歩み始めた」と伊紙

5/16(火) 19:30配信

Football ZONE web

来季に向けて残留確実は4選手のみ、新監督候補に3人が浮上

 インテルの日本代表DF長友佑都はリーグ戦5試合連続出場を果たしているが、今季限りで放出される戦力外リストに入ってしまったようだ。イタリア地元紙「ガゼッタ・デロ・スポルト」が報じている。

【写真一覧】美女サポーター特集 あのスター選手の美人妻やガールフレンドも…

 現在リーグ戦8試合で2分6敗と泥沼にはまったインテルで、来季に向けたチーム刷新が進んでいるという。成績不振で解任されたステファノ・ピオリ監督の後任のステファノ・ベッキ氏は、あくまで今季残り試合の暫定監督。新監督候補には、トットナムのマウリシオ・ポチェッティーノ監督、ローマのルチアーノ・スパレッティ監督、ナポリのマウリシオ・サッリ監督が候補に浮上している。

 そして、「確実に残留するのは4選手」と報じられている。GKサミール・ハンダノビッチ、DFガリー・メデル、ダニーロ・ダンブロージオ、MFロベルト・ガリアルディーニのみだという。

 その一方で、放出確実な選手もいるようだ。非情のリストラ候補に長友の名前が入ってしまった。GKフアン・パブロ・カリーソ、DFダビデ・サントン、トレント・セインズベリー、エロージュ・ヤオ、MFジョナタン・ビアビアニー、FWロドリゴ・パラシオ、FWイバン・ペリシッチとともに、長友が放出される方針で「サヨナラの道を歩み始めた」と報じられている。

ブーイングを浴びた長友、一縷の望みは…

 長友は今季終盤戦までベンチ要員だったが、ここ5試合で先発出場を果たしている。しかしチームの勝利に貢献できず、4月30日のナポリ戦では痛恨のクリアミスで相手の決勝点を献上し、サポーターから大バッシングを受けていた。

 現時点で長友は厳しい立場に追いやられているが、一縷の望みはポチェッティーノ監督の存在か。エスパニョール監督で元日本代表MF中村俊輔(ジュビロ磐田)、サウサンプトンで元日本代表FW李忠成(浦和レッズ)と日本代表DF吉田麻也を指導した知日家の指揮官が就任するとなれば、風向きが変わる可能性はある。

 不振のチーム状況でサポーターからブーイングを浴びていたインテル最古参の長友は、今季限りで愛着深いミラノを去ることになるのだろうか。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:5/16(火) 19:30
Football ZONE web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Football ZONE web

fangate株式会社

日本代表や欧州各国リーグなど、国内外のサッカー情報を毎日更新