ここから本文です

相手の頭部を殴り続ける! 女子選手、前代未聞の乱暴行為で“生涯出場停止”に

フットボールチャンネル 5/16(火) 12:39配信

 東欧ボスニア・ヘルツェゴビナの女子リーグで、前代未聞の乱暴行為が起きる事件が発生した。ボスニアメディア『jabuka.tv』などが報じている。

【動画】やはり危険な技だった! キャプ翼必殺シュート挑戦

 ボスニア女子リーグのジェリェズニチャル対ムラドストの試合で、ジェリェズニチャルのシルビア・セカシッチが相手のアドヌ・リュバノビッチと揉め事に。セカシッチはリュバノビッチに馬乗りになり、頭部目がけて数発のパンチを見舞った。

 セカシッチは主審とチームメイトが仲裁に入るまで殴り続けたという。もちろんセカシッチにはレッドカードが提示されたが、試合後に「レッドカードは受けたけど、何はともあれヤツを叩きのめしてやったわ」と語っている。

 この事件でセカシッチはボスニアサッカー協会から「深刻な暴力行為」という理由で生涯出場停止の処分を科され、同協会が主催する試合には永久に出場できなくなった。

フットボールチャンネル

最終更新:5/17(水) 6:32

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)