ここから本文です

ドルトムント、ニース監督と2年契約で合意か!? 指揮官交代…複数の独紙が報じる

5/16(火) 13:00配信

フットボールチャンネル

 ニースを率いるリュシアン・ファーヴル監督が、来季からドルトムントを率いる契約で合意に至ったようだ。『ビルト』など複数の独紙が報じている。

【驚愕サッカー動画】ドルトムント香川、今見てもやっぱり凄かった!!

 同紙によると、ドルトムントはファーヴル監督と2年契約で合意に至ったという。トーマス・トゥヘル監督とは2018年までの契約を残しているが、ハンス=ヨハヒム・ヴァツケCEOとの関係が悪化していることもあり、クラブ側は指揮官交代の手段に出る模様だ。

 アトレティコ・マドリーのディエゴ・シメオネ監督、ホッフェンハイムで指揮を執るユリアン・ナーゲルスマン監督など複数の後任候補が浮上したが、現時点でファーヴル監督が最有力となっている。

 独紙『シュポルトワン』などは、1年契約+1年間のオプションと報じており、正式発表について現地時間27日に行われるドイツ杯決勝のフランクフルト戦が終了した後になると推測しているようだ。

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)