ここから本文です

意外な顔ぶれも? 研究機関が「データに基づく欧州ベストイレブン」発表

5/16(火) 22:47配信

フットボールチャンネル

 FIFA(国際サッカー連盟)の教育研究機関であるCIES(スポーツ研究国際センター)は、独自のデータに基づく今季欧州「5大リーグ」のベストイレブンを選出し、15日に発表を行った。

3位C.ロナ、2位ベイル、1位は…移籍金歴代トップ10

 選出の対象とされたのはスペイン、ドイツ、イングランド、イタリア、フランスの5ヶ国の1部リーグで、2016/17シーズンのリーグ戦に合計2000分以上出場した選手。各選手のパフォーマンスをポイント化し、ポジションごとの上位ランキングが集計されている。

 GKはバイエルン・ミュンヘンのドイツ代表守護神マヌエル・ノイアーを1位に選出。2位にはビジャレアルのセルヒオ・アセンホが続いた。バロンドール候補との声も上がるユベントスのジャンルイジ・ブッフォンは、GK部門の8位にとどまっている。

 センターバック部門ではともにバイエルンのハビ・マルティネスとマッツ・フンメルスがベストイレブン入り。サイドバック部門はユベントスのアレックス・サンドロが1位でベストイレブンに選ばれたが、ポイント上位4位までを左SBが占めており、右SBのベストイレブンには部門5位のブルーノ・ペレス(ローマ)が名を連ねた。

 守備的MF部門ではチアゴ・アルカンタラ(バイエルン)、ポール・ポグバ(マンチェスター・ユナイテッド)、ナビ・ケイタ(RBライプツィヒ)の上位3人がベストイレブンの中盤を占めている。プレミアリーグで選手協会による年間最優秀選手に選ばれたエンゴロ・カンテ(チェルシー)は部門10位以内にも含まれていない。攻撃的MF部門はマンチェスター・シティのMFケビン・デ・ブルイネが1位だが、ポイントでは守備的MF3位のケイタよりも低いためベストイレブンからは漏れた。

 前線のウインガー部門ではバルセロナのリオネル・メッシとレアル・マドリーのクリスティアーノ・ロナウドが上位2人を占め、センターフォワード部門1位のドリース・メルテンス(ナポリ)とともにベストイレブンに入った。ウイング部門3位のネイマール(バルセロナ)、CF部門2位のエディン・ゼコ(ローマ)などは惜しくも11人入りを逃している。

 CIESの選出による欧州5大リーグの今季ベストイレブンは以下の通り。

GK:マヌエル・ノイアー(バイエルン)
DF:ブルーノ・ペレス(ローマ)
DF:ハビ・マルティネス(バイエルン)
DF:マッツ・フンメルス(バイエルン)
DF:アレックス・サンドロ(ユベントス)
MF:チアゴ・アルカンタラ(バイエルン)
MF:ナビ・ケイタ(ライプツィヒ)
MF:ポール・ポグバ(マンチェスター・ユナイテッド)
FW:リオネル・メッシ(バルセロナ)
FW:クリスティアーノ・ロナウド(レアル・マドリー)
FW:ドリース・メルテンス(ナポリ)

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)