ここから本文です

140字以内で示すリーダーシップ トップ企業幹部に学ぶツイッター活用法

5/16(火) 8:00配信

Forbes JAPAN

リーダーシップが何たるものであるかをつかみ切ることは、時に難しい。それは自分が上司やプロジェクトリーダーであることかもしれないし、職場や家庭、地域社会で模範を示すことかもしれない。



しかし時代は変わり、リーダーシップはオンライン上で新たな場を見いだした。私たちが影響を及ぼす相手は、現実世界の人々からデジタル世界のフォロワーへと変わった。経営大学院のインシアードの調べによれば、CEOがソーシャルメディアを活用する企業により大きな信頼を置く消費者の割合は82%、ソーシャルメディアを活用するリーダーのいる組織で働きたいと思う人の割合は78%に上っている。

私たちは、有能なリーダーがどのようにツイッターをリーダーシップツールとして利用しているかに興味を持った。何について話し、どんな情報を共有しているのだろう? そしてその理由は? 分かったのは以下の5点だ。

1. 情報のシェア

新たなプロジェクトや事業買収、大きな成果、成長の継続、もしくはメディア露出など、伝えたい情報をフォロワーに発信するシンプルな方法としてツイッターを利用するリーダーは多い。

エアビーアンドビー‎の共同創業者でCEOのブライアン・チェスキーはツイッター活用に非常に積極的で、公式アカウント(@bchesky)で頻繁に情報を共有している。例えば最近には「エアビーアンドビーは、世界30か国60都市で@MakeAWish(闘病生活を送る子どもたちの願いを叶える慈善団体)に寄せられた願いの実現を支援してきた」と投稿した。

こうした情報は世間一般に対して誇れるだけでなく、自社の従業員に対しても大きな意味を持つメッセージとなる。

2. 知恵のシェア

好きな格言や起業時の思い出などをツイートする。リーダーの中には、知恵を共有する場所としてツイッターを利用し、フォロワーのモチベーションを上げるだけでなく、自身のインスピレーションの源を従業員に共有している。

ヴァージンの創業者でCEOのリチャード・ブランソン(@richardbranson)は、自身の失敗から得た知恵や教訓をよくツイートしている。最近にはこんなコメント付き画像を投稿した。「転機というものは、しばしば暗闇の瞬間から現れる一方で、私たちを偉大な光やひらめきの瞬間に導いてくれる」

1/3ページ

最終更新:5/16(火) 8:00
Forbes JAPAN

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Forbes JAPAN
2017年11月号

株式会社アトミックスメディア

2017年11月号
9月25日(月)発売

890円(税込)

成功のヒントはフォーブスにあり!
Forbes JAPAN 無料会員に登録すると、すべての記事が読み放題。MY PAGEで記事の保存や閲覧履歴チェック、限定プレゼントへの応募も可能に。