ここから本文です

ハメスのマンU加入、最速で5月21日に発表? 移籍金は減額も…

5/16(火) 17:11配信

SOCCER DIGEST Web

移籍金はメディアによって見解が異なる。

 今シーズン限りでのレアル・マドリー退団が確実とも騒がれるコロンビア代表MFのハメス・ロドリゲス。早ければ、現地時間5月21日にマンチェスター・Uとの合意が発表されるという。
 
 以前から今夏の移籍が濃厚と言われているハメスは、チームが4-1と快勝した14日のセビージャ戦(37節)で後半途中に交代した際、二度にわたって拍手しながら本拠地サンチャゴ・ベルナベウの各スタンドに挨拶した。
 
 今シーズンのホーム最終戦でのこの行為は、サポーターに別れを告げるためとの見方が有力だ。そして新天地の最右翼と言われるのが、ジョゼ・モウリーニョ監督率いるマンチェスター・Uである。
 
 コロンビア『カラコル・ラジオ』の報道としてスペイン紙『アス』が16日に伝えたところによると、21日にハメスとマンチェスター・Uの合意が発表されるという。マラガの敵地でのリーガ・エスパニョーラ最終戦を待って移籍を正式に表明するというのだ。
 
 しかし、R・マドリーはリーガを終えても、6月3日にユベントスとのチャンピオンズ・リーグ(CL)決勝を控えている。大会がチャンピオンズ・カップからCLに代わって以降では史上初の連覇が懸かる大一番を前に、話題沸騰が間違いないビッグネームの去就を正式発表するだろうか。実際、アス紙はカーディフでの一戦が終わるまで公表しないだろうとしている。
 
 いずれにしても、ハメスの去就が騒がしくなることは間違いない。スペイン紙『マルカ』は、R・マドリーがマンチェスター・Uに7500万ユーロ(約90億円)の移籍金を求めると報じている。2014年にモナコから獲得する際に投じた金額をそのまま取り戻す考えだという。
 
 一方、アス紙はバックアッパーに甘んじるここ2年の低調ぶりを受けて、ハメスの価値が5000万ユーロ(約60億円)まで下がっていると見ている。
 
 また、R・マドリーとマンチェスター・Uの取引となれば、2年前に書類手続きの不備で移籍が破談となったものの、ここにきて再び交渉が噂されているスペイン代表GKのダビド・デ・ヘアのディールへの影響も注目されるところだ。

最終更新:5/16(火) 17:12
SOCCER DIGEST Web

Yahoo!ニュースからのお知らせ