ここから本文です

神戸電鉄(9046)、株主優待の内容を変更!株式併合と単元株式数の変更によるもので、乗車証や温泉優待券がもらえる内容は変わらず

5/16(火) 19:20配信

ダイヤモンド・ザイ

 神戸電鉄株式会社が株主優待の内容を変更すると2017年5月11日に発表した。

 神戸電鉄の株主優待は、従来9月末と3月末時点の株主に対して実施されており、内容は「1000株以上保有する株主に、保有株数に応じて、神戸電鉄の電車で利用できる『乗車券』や『優待乗車証』、『有馬温泉 太閤の湯』で使える『優待券』『割引券』、『有馬ビューホテルうらら』で使える『ホテル宿泊割引券』を贈呈」というものだった。

【詳細画像または表】

 今後も内容に大きな変更はないが、2017年10月1日を効力発生日とする「株式併合(10株⇒1株に併合)」と「単元株式数の変更(1000株⇒100株)」に伴って、株主優待の配布基準が変更される。

 この株主優待の変更は、2018年3月31日時点の株主名簿に記載または記録された株主から適用される。2017年9月末時点の株主に実施される株主優待は、これまでの配布基準で贈呈される。

神戸電鉄の株主優待制度の詳細

  神戸電鉄の株主優待制度の詳細 ※株式併合と単元株変更後の詳細

  基準日
  保有株式数
  株主優待内容
  9月末/
3月末
  100株以上
  ◆乗車券4枚(×年2回)
◆「有馬温泉 太閤の湯」優待券2枚(×年2回)(※1)
◆「有馬温泉 太閤の湯」割引券2枚(×年2回)(※2)
◆「有馬ビューホテルうらら」宿泊割引券2枚(×年2回)(※3)
  970株以上
  ◆乗車券4枚(×年2回)
◆優待乗車証1枚(×年2回)(※4)
◆「有馬温泉 太閤の湯」優待券2枚(×年2回)
◆「有馬温泉 太閤の湯」割引券2枚(×年2回)
◆「有馬ビューホテルうらら」宿泊割引券2枚(×年2回)
  1100株以上
  ◆乗車券6枚(×年2回)
◆優待乗車証1枚(×年2回)
◆「有馬温泉 太閤の湯」優待券3枚(×年2回)
◆「有馬温泉 太閤の湯」割引券2枚(×年2回)
◆「有馬ビューホテルうらら」宿泊割引券2枚(×年2回)
  1万株以上
  ◆乗車券6枚(×年2回)
◆優待乗車証2枚(×年2回)
◆「有馬温泉 太閤の湯」優待券3枚(×年2回)
◆「有馬温泉 太閤の湯」割引券2枚(×年2回)
◆「有馬ビューホテルうらら」宿泊割引券2枚(×年2回)
  3万株以上
  ◆乗車券6枚(×年2回)
◆優待乗車証3枚(×年2回)
◆「有馬温泉 太閤の湯」優待券3枚(×年2回)
◆「有馬温泉 太閤の湯」割引券2枚(×年2回)
◆「有馬ビューホテルうらら」宿泊割引券2枚(×年2回)
  5万株以上
  ◆乗車券6枚(×年2回)
◆優待乗車証4枚(×年2回)
◆「有馬温泉 太閤の湯」優待券3枚(×年2回)
◆「有馬温泉 太閤の湯」割引券2枚(×年2回)
◆「有馬ビューホテルうらら」宿泊割引券2枚(×年2回)
  10万株以上
  ◆乗車券6枚(×年2回)
◆優待乗車証5枚(×年2回)
◆「有馬温泉 太閤の湯」優待券3枚(×年2回)
◆「有馬温泉 太閤の湯」割引券2枚(×年2回)
◆「有馬ビューホテルうらら」宿泊割引券2枚(×年2回)
  詳細
  (※1)施設利用料(500円)・入湯税は別途必要
 (ただし、入湯税は7歳未満および平日の小学生は除く)。
(※2)大人1600円、小学生1000円、幼児200円の割引料金で利用可能。
 1枚で6名まで使える。入湯税は別途必要
 (ただし、入湯税は7歳未満および平日の小学生は除く)。
(※3)宿泊時に15%割引券として利用可能。
(※4)有効期間は3月株主は6月~11月、9月株主は12月~翌年5月。
 神戸高速線を除く電車全線に、持参人1名のみ利用可能。

1/2ページ

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ダイヤモンド・ザイ

株式会社ダイヤモンド社

10月号:8月21日(月)

定価730円(税込)