ここから本文です

不倫略奪愛のマクロン夫妻に女性たちが共感するワケ

ダイヤモンド・オンライン 5/16(火) 6:00配信

 フランスの新大統領が誕生した。39歳というフランス史上最年少の大統領だが、その若さ以上に注目されているのは、25歳年上のブリジット夫人とのロマンスだ。とにかく女性たちの共感がすさまじい。男たちは、この女性たちの熱狂を甘く見ないほうがいい。なぜこの2人の愛の物語に女性が共感するのか――。そこが理解できない男性は、女性活躍推進の時代を生き残ることができないからだ。これは単に、25歳も若い男性に惚れられて結婚した女性のサクセスストーリーではない。真相はもっと深いところにある。

 *ちなみにマクロン氏とブリジット夫人の年の差に関しては、24歳差とする記事と、25歳差とする記事が混在するが、マクロン氏は1977年12月生まれ。ブリジット夫人は1953年4月生まれで24歳差。誕生日の関係で、現在は25歳差。そのため、本稿では25歳差とする。

 ワイドショーはもちろん、報道番組でさえ、新大統領の政策やEUの行方をそっちのけで2人のラブストーリーばかり紹介しているのでご存じの方も多いだろうが、念のためにおさらいをしておく。

 2人が出会ったのはマクロンがまだ15歳の高校生の時。当時、ブリジットは39歳。マクロンが通う高校の国語の教師であり、演劇サークルの顧問だった。また、既婚者であり、3人の子どもの母親でもあった。そのブリジットにマクロンは恋をする。そして、マクロン17歳の時に告白。2人は恋愛関係になったが、さすがに恋愛大国のフランスでもこの恋は実らず、マクロンの両親は彼をパリのエリート校に転校させる(ブリジットがマクロンの将来を案じてパリのエリート校への転校を勧めたという説もある)。この時、マクロンは「将来、必ず戻ってきてあなたと結婚する」と宣言したとか。そして月日が経ち、エリート銀行員となった29歳のマクロンは、すでに離婚していたブリジットと結婚、夫婦となる。この時、ブリジットは53歳。

 ちなみにブリジットの子どもは長男、長女、次女の3人だが、この長女とマクロンは同級生である。この長女が「同級生でものすごく頭のいい男子がいる」と言ったのが、ブリジットがマクロンの存在を知るきっかけだったという話もある。

 2人の間に実子はいないが、もちろんマクロンはそんなことは気にしない。ブリジットの3人の子ども、さらに7人の孫も含め、「血はつながっていなくても大切な家族」と堂々と発言し、その姿勢もまた、女性たちの共感を集めている。今回のフランス大統領選を自費で取材してきたタレントの大川総裁によれば、フランスでもブリジット夫人の人気は絶大だそうだ。

 実は今回の大統領選、僕の知人のフランス人男性によれば、「ルペンが男だったら、ルペンが勝っていただろう」ということで、フランスもまだまだ男性上位的な空気感があるのかと感じ入ったのだが、ブリジット人気のおかげで女性票の多くがマクロンに流れたのも、ルペン敗北のひとつの原因かもしれない。

1/4ページ

最終更新:5/16(火) 6:00

ダイヤモンド・オンライン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

特集 人事部vs労基署
「働き方」攻防戦
特集2 新旧入り乱れ
ニッポン観光大変動