ここから本文です

大相撲 テレビ中継にすら映らない「本当に細かすぎる話」

5/17(水) 16:00配信

NEWS ポストセブン

 相撲場所が開かれているのは年間で90日しかない。主要メディアで紹介される「大相撲」とはほとんどの場合、幕内の取組を指しているが、それだけを見るのではもったいないだろう。番付上位でなくとも、“注目の一番”は確かに存在する。

●遅れてきた怪物「幕下の水戸龍」を見てみよう!

 5月場所で幕下15枚目格付け出しデビューするのが水戸龍だ。

「本名はバーサンスレン・トゥルボルド。日大で学生横綱を獲ったモンゴル人力士です。大関・照ノ富士、前頭9枚目・逸ノ城と同じ飛行機で来日し、鳥取城北高に入学したという経歴の持ち主。大学に進んだため他の2人よりデビューが遅れましたが、187cm、182cmの体躯で、スケールは全く劣らない」(担当記者)

 入門した錦戸部屋は部屋の運営方針に反発した所属力士が次々と部屋を離れ、幕下1人と三段目2人がいるのみ。

「水戸龍はいきなり部屋頭のような状況で、部屋でまともに稽古できるとは思えない。とはいえ、同じような状況で横綱になった井筒部屋の鶴竜のようなケースもある。今場所、全勝の幕下優勝なら、来場所でいきなり十両の可能性もある。今のうちに生で見ておけば、先々に自慢できるんじゃないか」(同前)

●十両に昇進したのは「双子のどっち」?

 角界には兄弟で入門する力士が少なくない。春場所で東洋大から荒汐部屋に入門した若隆元は兄2人が同部屋に先に入門しているし、阿武松部屋に入門した勇聖も同じ部屋に兄がいる。現在、兄弟力士は20組(双子、3兄弟含む)。兄弟で別の部屋という例は羅王(立浪部屋)と爆羅騎(式秀部屋)、英乃海(木瀬部屋)と岩崎(追手風部屋)の2組だ。

 そうした兄弟力士のなかで、今場所から十両に昇進して注目を集めるのが貴乃花部屋の双子力士の弟・貴源治だ。

「幕下の兄・貴公俊と組んでの巡業の初切は息がぴったり合っていて大人気だった。この2人、顔がそっくりなのはもちろん、身長、体重もほぼ同じ。普通の人には見分けがつかない。親方や部屋の関係者は“兄・貴公俊は口元に小さなほくろがある”というポイントで見分けています」(貴乃花一門の力士)

 今場所の最もミクロな見所かもしれない。

※週刊ポスト2017年5月26日号