ここから本文です

コラム「U-20W杯開幕を前に思う。何をもって“若手”とするか――」

5/17(水) 16:45配信

SOCCER DIGEST Web

少で活躍することが正義ではない! 成長曲線は人それぞれだ

 5月20日、韓国でU-20ワールドカップが幕を開ける。次世代を担うルーキーたちが、鎬(しのぎ)を削る大会だ。日本はグループステージでD組に入り、南アフリカ、ウルグアイ、イタリアと決勝トーナメント進出の権利を争う。

 ところで、何歳までを新鋭=若手と呼ぶべきなのだろうか?

「17、18歳でも、世界ではトップチームでプレーしている選手がいる。20歳はもう、若手とは言わない」

 そんな頑固な意見の持ち主もいる。

 しかしながら、十代でトップチームの先発の座を勝ち取っている選手はごく限られる。18歳のキリアン・エムバペ(モナコ)にしろ、ジャンルイジ・ドンナルンマ(ミラン)にしろ、例外的な存在だと言えるだろう。

 U-19欧州選手権で5位までに入って、今回のU-20W杯の出場権を勝ち取った選手たちの多くが、クラブレベルでは2部リーグか、セカンドチームを主戦場にしてプレーしているのが現状だ。

 さらに言えば、年少で活躍することだけが、正義ではない。彼らが早熟だという可能性も十分にあり得る。成長曲線は、それぞれの選手によって異なる。十代でプレーしているからといって、短絡的に称賛するのは危険だろう。

 では、23、24歳の選手でも若手と呼ぶのか? やはり、この年代で出場機会が乏しく、ベンチに座っているようなら厳しい……。

 欧州では、「21歳」が若手と呼ばれる上限であり、基準のひとつになっているようだ。

 この大陸では、オリンピック予選も兼ねるU-21欧州選手権(2年ごとの開催)が、若手年代の集大成として行なわれている。

 予選を勝ち抜いた8チームが本大会に臨み、フル代表の欧州選手権(EURO)と同じように4チームによるリーグ戦を戦い、勝ち上がった4チーム(各グループ上位2チーム)がトーナメントラウンドに進む。

 この大会への出場資格は、予選が始まる時点で21歳以下であること。つまり、2年後の大会終了時には23才になっている選手もいる。

 欧州ではこの大会をもって、「若手」というひとつの“特権”が効力を失う。

1/2ページ

最終更新:5/17(水) 16:45
SOCCER DIGEST Web