ここから本文です

天津権健がドルトムント俊足FWに巨額オファー チャイナマネーの威力発揮、年俸60億円提示

5/17(水) 8:00配信

Football ZONE web

天津権健はオーバメヤンが第一希望と報道、直近ではPSGも獲得に興味

 日本代表MF香川真司が所属するドルトムントのエース、ガボン代表FWピエール=エメリク・オーバメヤンが、中国から驚愕の金額でオファーを受けているという。フランス紙「レキップ」が報じている。

【動画】ドイツサッカー番組に香川が登場! ドイツ語で軽妙トーク、大爆笑の場面も

 オーバメヤンにオファーを提示しているのは、元イタリア代表DFファビオ・カンナバーロ氏が監督を務める天津権健だという。すでにチェルシーのスペイン代表FWジエゴ・コスタにオファーを提示しているとも報じられてきたが、オーバメヤンが第一希望だとされる。

 ドルトムントの俊足FWに提示した年俸額は5000万ユーロ(60億円)だという。この巨額は、Jリーグで最も収入の多い浦和レッズの年間収入とほぼ同額で、それを1選手の年俸額として提示している模様だ。

 欧州のビッグクラブがオーバメヤンの獲得を狙うなか、直近ではフランス強豪パリ・サンジェルマン(PSG)が最も強い興味を向けていると伝えている。オイルマネーで潤い、過去にも多くのビッグネームを引き抜いてきたPSGといえども、この金額のオファーはできないと報じ、改めてチャイナマネーの破壊力を見せつけている。

 キャリアの中で全盛期を迎えつつあるオーバメヤンだが、ドルトムント残留か、ビッグクラブ移籍か、あるいは超高額オファーを受けての中国行きか。夏の移籍市場で多くの話題をさらうことになりそうだ。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:5/17(水) 8:00
Football ZONE web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Football ZONE web

fangate株式会社

日本代表や欧州各国リーグなど、国内外のサッカー情報を毎日更新

Yahoo!ニュースからのお知らせ