ここから本文です

X JAPANのYOSHIKIさん、首の手術成功→レコーディングへ直行

5/17(水) 22:29配信

KAI-YOU.net

ロックバンド・X JAPANのYOSHIKIさんが、米国時間5月16日(火)、頚椎人工椎間板置換の緊急手術を行い、無事に成功したことが明かされた。

YOSHIKIさんの元気な写真をもっと見る

しかし術後数時間のうちに、手術の直前まで書いていた楽曲を「どうしてもレコーディングしたい」と医師に直談判。レコーディングに向かったが、30分ほどの作業ののち、体への負担を考慮し、自宅に戻ったという。

YOSHIKIさんの容態

YOSHIKIさんは、自身の激しいドラミングスタイルによって手足にしびれなどの症状が起きる「頸椎椎間孔狭窄症」(左腕の神経根障害及び椎間板C5-C6の位置に椎間板ヘルニア)と診断されていた。

そして、米国時間5月16日(火)アメリカ・ロサンゼルスのシーダースサイナイ病院にて緊急手術を実施。

手術は数時間に及んだものの、現在は容態も安定している。医師によると、しばらく発生が困難な状態が続くと思われるが、時間の経過とともに、本来の声を少しずつ取り戻すだろう、とのこと。

傷口は6週間で部分的な治癒、6か月後には90%の回復が期待されるが、左腕から左手に走る電気のような痛みの症状は、改善にどれだけの時間がかかるのかわからない状況だという。

YOSHIKIさん、術後すぐにレコーディングへ

術後数日は入院することが望ましい。だが、YOSHIKIさんは全身麻酔から覚醒後、鎮痛剤を服用し、意識が朦朧とした状態でありながらも、手術直前まで書いていた楽曲を「どうしてもレコーディングしたい」と医師に直談判。

退院したその足でスタジオに向かってしまったという。スタジオでは、30分ほど作業を実施したが、術後すぐのため、想像以上の負担がかかり、同行していたスタッフ、そしてナースの説得に応じて自宅に。現在は、医師の管理の下に静養中だそうだ。

Twitter上では、そんなYOSHIKIさんの手術成功や、プロ根性に感動する声も上がる一方、「安静にしてほしい」「休んでくれ」「レコーディングに行くな」といった声もあがっている。

なお、7月に予定されているツアー「X JAPAN WORLD TOUR 2017 WE ARE X」や、8月から9月にかけて予定されているディナーショー、そして世界ツアーなど、今後の活動は、術後の回復状況を見ながら追って発表されるという。

ふじきりょうすけ

最終更新:5/17(水) 22:47
KAI-YOU.net

Yahoo!ニュースからのお知らせ