ここから本文です

恐喝容疑のベンゼマが“被害者”の元同僚を非難 「話をでっち上げるのはやめるべき」

5/17(水) 13:15配信

Football ZONE web

事件発覚で代表追放、昨夏のEURO出場も逃す 「僕は気が狂うよ」

 レアル・マドリードのFWカリム・ベンゼマは、2015年10月にリヨンMFマテュー・ヴァルブエナが映ったセックステープを巡る脅迫事件に関与したとして、恐喝容疑で逮捕・起訴された。その影響でフランス代表からも追放されているが、地元紙のインタビューで「ヴァルブエナが嘘をついている」「気が狂う」と元同僚に対する非難のメッセージを送っている。

【写真一覧】美女サポーター特集 あのスター選手の美人妻やガールフレンドも…

 一連の事件の影響で母国開催だった2016年の欧州選手権(EURO)出場の夢も失ったベンゼマ。現在も調査は継続中で一貫して身の潔白を主張してきたが、フランスサッカー連盟は事件が完全に片付くまではベンゼマを招集しないと発表していた。

 レアルのジネディーヌ・ジダン監督もベンゼマの代表復帰をプッシュ。さらにアトレチコ・マドリードのフランス代表FWアントワーヌ・グリーズマンも、ベンゼマのカムバックを熱望している。同胞からの支持を集めているが、被害者とされるヴァルブエナは「(ベンゼマが)僕を騙そうとしていた」という証言を崩そうとはしていない。

 事件発覚から1年半が経過。ベンゼマはフランス紙「レキップ」に対し、あらためて元同僚に抗議のメッセージを送っている。

「何が起きたのか、全て話すべき」

「ヴァルブエナが嘘をついているせいで、僕は気が狂うよ。話をでっち上げるのはやめないといけない。このセックステープの話は、全ては彼から始まった」

 ベンゼマはヴァルブエナの証言が事実無根だと主張。「彼は何が起きたのか、全て話すべき。彼は全世界を笑っているんだ」と非難した。フランスサッカー界で起きた衝撃の騒動は、解決の日を迎えることができるのだろうか。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:5/17(水) 13:15
Football ZONE web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Football ZONE web

fangate株式会社

日本代表や欧州各国リーグなど、国内外のサッカー情報を毎日更新