ここから本文です

イラストレーター・中村佑介さんがたどり着いた高機能文具

5/17(水) 19:10配信

@DIME

描くことを仕事にするイラストレーターはいったいどんな文房具を使っているのか!?こだわりの仕事アイテムについて、人気イラストレーターの中村佑介さんに聞いた。

【写真】イラストレーター・中村佑介さんがたどり着いた高機能文具


◎アイデアを忠実に再現できる高機能な文房具

 色彩豊かで、細部までキッチリ描き込まれた特徴のあるイラストは、見るとすぐに中村佑介さんのものだとわかる。

「絵の構図やモチーフの選び方、隣の色との対比や面積など、画面全体のバランスを巧みに考えて制作しています。頭に描いた絵の設計図を描き起こすため、文房具に求めるのは機能性。ペンはにじまず、消しゴムは消したいところだけ消せるなど、作業を効率化してくれる文房具を突き詰めて使っています」

中村佑介 YUSUKE NAKAMURA
1978年生まれ。兵庫県宝塚市出身。ASIAN KUNG-FU GENERATIONのCDジャケットをはじめ、数多くの書籍カバーを手がける。そのひとつ『夜は短し歩けよ乙女』のアニメ映画化が決定。キャラクター原案を担当する。

●ネーミングどおり消しくずがまとまる

ヒノデワシ『まとまるくん』100円

消しくずが散らばらない消しゴム。その消し味の良さに惚れ込み、いつもダース買い。「この消しゴムしか使わないと決めました」と絶賛!

〈DIME CHECK〉実際使ってみてどうだった? →→→ ヒノデワシ『まとまるくん』

■これぞ探し求めていた消しゴムです by 中村佑介

シャーペンで描いた下描きを消す時に、ペンの本描きまで消えちゃうことが多いんです。でもこの消しゴムは粘着力があって、下描きだけを消してくれます。ようやく納得の消しゴムに出会えました。

●色数が多く多彩に使える

サムトレーディング『カラーマスター』200円

細字と太字に対応するツインペンで60色とカラバリ豊富。「渋い色味が多く、そのまま塗っても単純な色にならないところが気に入っています」

●太さのバリエーションが豊富

コピック『コピックマルチライナー』200円

耐水性インクで、速乾性に優れたプロ仕様。ブラックは0.03mmから1.0cmまで7種を揃える。「絵によってペンの太さを使い分けます」

●多用途に使えるWindows 10デバイス

マイクロソフト『Surface Book』
オープン価格(128GB、Intel Core i5、8GBのモデルの場合 実勢価格約18万5800円)

ノートPC、タブレット、キーボードを背面に回してモニター的にと、3つの異なる使い方ができる。「タッチペンでイラストを描いたり、動画を観たりと、多機能に使っています」

●全部が芯で折れにくい人気の色鉛筆

サクラクレパス『クーピーペンシル12色入り ミニ』500円

色鉛筆の描きやすさと、クレヨンの発色の良さを取り入れた人気商品。軸全体が芯になっているので広範囲が塗りやすい。ミニ版はロフトやセブン-イレブンで販売。

●ロングセラーの人気ペン

ラミー『サファリ イエロー ペンシル』2500円

グリップ部分にくぼみがあり、正しくペンが握れる。ワイヤ製の大型クリップ付きで、厚手のウエアのポケットにもしっかり収まる。

イラストの下描きは、このラミーのペンで行なうと中村さん。実は奥様からプレゼントされたペンなのだそう。

●サインペンのスタンダード

ゼブラ『ハイマッキー』150円

1本で太細両用。油性マーカーなので上から色を塗ってもにじまない。「サイン会で200人近くの人にサインしてもペン先がつぶれません。乾きも早い」

文/編集部

※記事内のデータ等については取材時のものです。

@DIME編集部

最終更新:5/17(水) 19:10
@DIME

記事提供社からのご案内(外部サイト)

@DIME

小学館

2017年10月号
8月16日発売

定価600円

売り切れ御免!調理家電&ヒット食品
ふるさと納税 極ウマ返礼品・ベスト47
ホリエモン流 超仕事術公開
タイプ別 痩せるカラダマネジメント