ここから本文です

吉田が今季プレミアの「サプライズ・ベスト11」に選出 想定外の躍進を英メディア評価

5/17(水) 18:21配信

Football ZONE web

カップ戦要員からサウサンプトンDF陣の要へとステップアップ

 サウサンプトンの日本代表DF吉田麻也は今季途中からレギュラーの座を確保したが、その活躍ぶりから「今季の驚きの一人」としてベストイレブンに選出されている。

【一覧】海外日本人プレーヤー43人「最新推定市場価格ランキング」

 今季、予想外の活躍をした選手を集めた「サプライズ・XI(イレブン)・オブ・ザ・シーズン」を特集したのは、英サッカー情報メディア「ドリームチームFC」。そのなかに序盤はカップ戦要員の扱いから、チームのキャプテンの一人にまで上り詰めたハリルジャパンのDFリーダーが選出された。

 同メディアは選手の活躍を独自の基準で点数化。そのなかで、想定外の活躍で評価を高めた選手によるベストイレブンを選出した。吉田は125ポイントを獲得し、エバートンDFフィル・ジャギエルカ(94ポイント)、マンチェスター・ユナイテッドDFマルコス・ロホ(135ポイント)、トットナムDFベン・デイビス(132ポイント)とともに、4人のDFの一人として名を連ねた。

 今季序盤の吉田はバックアッパーの立場で、出番はカップ戦に限られた。しかし、冬の移籍市場で前主将のDFジョゼ・フォンテがウェストハムへ移籍。さらにフォンテからキャプテンマークを引き継いだDFフィルジル・ファン・ダイクの負傷離脱も重なり、DFラインのまとめ役としてレギュラーに定着した。プレミアリーグで18試合連続フル出場中で、キャプテンも務めるなど第3のCBという立場から驚きのステップアップを果たした。

レスター岡崎の同僚MFも名を連ねる

 その他には、アントニオ・コンテ監督の下でウイングバックとして欠かせない存在になったチェルシーMFビクター・モーゼス、レスター・シティで日本代表FW岡崎慎司と同僚のMFマーク・オルブライトン、バーンリーの守護神GKトム・ヒートンなどが選出された。

 選出された11人は以下のとおり。

GK
トム・ヒートン(バーンリー)
DF
フィル・ジャギエルカ(エバートン)
吉田麻也(サウサンプトン)
マルコス・ロホ(マンチェスター・ユナイテッド)
ベン・デイビス(トットナム)
MF
マーク・オルブライトン(レスター・シティ)
ロバート・スノッドグラス(ウェストハム)
マット・フィリップス(ウェスト・ブロムウィッチ・アルビオン)
ビクター・モーゼス(チェルシー)
FW
ジョシュア・キング(ボーンマス)
サム・ヴォークス(バーンリー)

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:5/17(水) 18:21
Football ZONE web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Football ZONE web

fangate株式会社

日本代表や欧州各国リーグなど、国内外のサッカー情報を毎日更新