ここから本文です

国民統合へ手腕を発揮するフランスのマクロン大統領 国民議会選も第1党の勢い - 木村正人 欧州インサイドReport

5/17(水) 16:00配信

ニューズウィーク日本版

<「ポピュリズムに屈するのを拒んだ祖国を誇りに思う」と、マクロン支持者は言う。若き新大統領がその期待通り、右傾化の流れを断ち切り、分断を修復できれば、フランスは再び偉大になる>

[ロンドン、パリ発]フランスの大統領エマニュエル・マクロン(39)が動き始めた。欧州連合(EU)の中軸をなすドイツの首相アンゲラ・メルケルを訪れ、EUの結束を示したかと思うと、2024年夏季五輪・パラリンピック招致のため国際オリンピック委員会(IOC)のメンバーにパリの魅力をアピールした。

【参考記事】フレンチ・パラドックスが生み落とす「親EU大統領」マクロン

オランド前政権とは一線

6月11、18日の国民議会選(下院、定数577)に備えて中道政治運動「前進!」を「前進する共和国」に衣替えした。政権のカギを握る首相には右派・共和党下院議員で北部ルアーブル市長も務めるエドアール・フィリップ(46)を抜擢した。マクロン新党には左派・社会党や中道からの合流が相次ぐが、共和党の切り崩しは難航している。

マクロンと同じ国立行政学院(ENA)を出たフィリップは、共和党内の予備選決選投票で敗れた元首相アラン・ジュペの側近中の側近。国民戦線党首(当時)ジャン=マリー・ルペンが決選投票に進んだ2002年の大統領選で、ジュペとともに右派勢力を合流させ、共和党の前身である国民運動連合(UMP)を創設したキーマンの1人だ。6年前からマクロンと親交があるフィリップは「マクロンと考え方を90%共有している」と公言していた。

【参考記事】フランス大統領選、勝者マクロンは頼りになるのか

「将を射んと欲すれば先ず馬を射よ」という格言通り、マクロンはまずフィリップを政権に取り込んだ。社会党から共和党に鞍替えした政治遍歴を持つフィリップは中道だけでなく左派と右派をひっつけるのに最適な人物。ジュペに対する強烈な秋波にもなる。

一方、オランド政権で首相を務めたマニュエル・バルスは「社会党は死んだ」と言ってマクロン新党への参加を表明したが、マクロン陣営から「リサイクル政治家は要らない」とバッサリ切り捨てられた。オランド政権で経済産業デジタル相を務めたマクロンだが、支持率4%と完全に国民の信頼を失った前政権とは明確な一線を引いている。

世論調査会社Harrisの質問に57%が「フィリップのことをよく知らない」と答えた。しかし、4月24日~5月1日に行われたOpinionWayの世論調査では、マクロン新党は共和党を中心とした中道右派勢力の200~210議席を抑えて、249~286議席を獲得すると予測されている。過半数の289議席まであと一歩だ。直近の世論調査でもマクロン新党の支持率は29%と一段と勢いを見せる。



「前身!」ロンドン支部長のピエール・マーク Masato Kimura

5月15日時点でマクロン新党は577選挙区のうち511人の擁立を済ませた。男性候補256人に対し、女性候補255人と男女格差を解消した。国民議会議員の平均年齢は60歳だが、マクロン新党は46歳と大幅に若返った。政治家としての経験がない候補者も半数を超えている。マクロンは淀んだフランスの政治に新風を吹き込んだ。

若きエリートたちが支持

昨年11月、正式に大統領選への出馬を表明してからわずか半年。マクロンを大統領に押し上げたチームを見ると、マクロンと親しい若きエリートを中心に、ビジネス界の要人、政界のベテランがバランスよく配されている。ジーンズとTシャツでガレージから起業するアメリカと違って、マクロンによる政治のスタートアップはビジネススーツが良く似合う若きエリートたちによって主導された。

ロンドンでの3千人集会を組織した23歳のピエール・マークは事務弁護士としての実習中。「右と左の政治には飽き飽きした。変化が必要だ」と昨年5月に「前進!」に参加し、ロンドン支部長を務めた。

「マクロンはみんなを包み込むフランスを実現しようとしている。政治的な違いを乗り越えようとしている。ブレグジット(イギリスのEU離脱)のあと、フランス国民は、危機に瀕死するEUこそ祖国を守ってくれることに気づいた。マクロンはEUを防衛すると同時に改革も求めている」

「フランス国民は自分自身と祖国の未来について楽観的になってきた。そうなると経済も良くなる。マクロンは機会をつかもうとする者に機会を与える一方で、弱きを助けようとしている。マクロンは分断されたフランスを癒そうとしている。敵対を望んでいない」

【参考記事】フランスに「極右」の大統領が誕生する日

「マクロンを選んだ祖国を誇りに思う。わが国はポピュリズムに屈するのを拒んだ。マクロン大統領はフランスを変革する。フランスは前向きに、建設的に生まれ変わる。私は祖国に帰って祖国の再建に貢献したい」

【参考記事】マクロン新大統領の茨の道-ルペン落選は欧州ポピュリズムの「終わりの始まり」か?

既得権がはびこり、硬直化したフランスに嫌気が差してロンドンに逃れてきたフランス人は30万人に達すると言われている。そのうち何人がピエールと同じように祖国に戻るのだろう。

木村正人

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ニューズウィーク日本版

CCCメディアハウス

2017-8・15号
8/ 8発売

460円(税込)

他の日本のメディアにはない深い追求、
グローバルな視点。
「知とライフスタイル」のナビゲート雑誌。