ここから本文です

「うちの子、もしかして発達障害?」小学生の親の3人に1人が、そう思ったことがある!

5/17(水) 11:00配信

ダ・ヴィンチニュース

 新年度がスタートして1カ月、子どもたちもそろそろ新しい環境になじんでくるころ。しかし同時に、学校に行くのをイヤがったり、子どもの言動や友だち関係で、思わぬ悩みや不安が出てきている家庭もあるのでは?

■「育てにくい」と感じるときに頭をよぎる「発達障害かも」の思い

 小学生の子どものいる母親へのアンケートによると、わが子を「育てにくいと思ったことがある」人が、40.2%。母親が育てにくいと感じる理由はさまざまだ。

・やりたいと思ったことは、すぐにやらないと気がすまない
・思い通りにならないとすぐ怒る
・何回同じことを注意しても守れない
・自分ルールが多く、こだわりが強い
・もの忘れが激しい
・ふざけだすと止まらない
などが挙がる。さらに、「もしかして発達障害?」「ADHDなどではないか?」と、一瞬でも脳裏に浮かんだことがあるかという質問に対しては、34.7%の母親がYESと回答。「育てにくい」と感じていた母親に限ると、その64%がわが子は発達障害かも、と疑ったことがあるという。

 じっとしていられない、落ち着きのない子どもはたくさんいる。そんな子どもを「子どもらしくて元気がよい」と、肯定的に見られればよいのだが、特に小学校入学以降は、授業中でも立ち歩いたり、ずっとおしゃべりをしたりしているとなると、それらは問題行動で、しつけがなっていない、困った子だと見なされてしまいがちだ。

*主婦の友社読者ネットアンケートクラブ会員(全国の小学生の母親)によるWEB調査より(有効回答数98。男の子50人・女の子48人)。

■エジソンやモーツァルトもADHDだった?

 ADHD(注意欠如多動症)は、脳の機能のトラブルによる発達障害のひとつで、最近ではモデルで俳優の栗原類さんが、自らADDである(注意欠如症/ADHDにくらべ多動性が少ない)と発言するなど、いまでは一般にもよく知られている。

「不注意・多動性・衝動性という3つの特性があり、こうした症状が、学校や家庭など2カ所以上の場であらわれる」(『赤ちゃん~学童期 発達障害の子どもの心がわかる本』主婦の友社刊より)。

1/2ページ