ここから本文です

巨人・槙原寛己が球史最後の完全試合?【1994年5月18日】

5/18(木) 11:10配信

週刊ベースボールONLINE

 プロ野球の歴史の中で、日付にこだわって「その日に何があったのか」紹介していく。今回は5月18日だ。

 巨人の絶対的エース・菅野智之が5月16日のヤクルト戦(東京ドーム)で5勝目。本拠地ながらグレーのビジタータイプのユニフォームを着用していたのも新鮮だった。

 試合時間はセの今季最短2時間16分。三振にこだわらず、打たせて取っての快勝だった。

 1994年5月18日、同じく巨人の大型右腕で、2時間14分で勝利を、しかも完全試合でつかんだ男がいる。福岡ドーム(現ヤフオクドーム)での巨人主催試合、広島戦で先発マウンドに立った槙原寛己である。

 ブルペンでの調子は良くなかったというが、「思ったより球が行ってなかったんで、慎重にと思ったのも良かった」と槙原。徐々にエンジンがかかり、3回を投げ終えたときすでに「完全試合」の意識はあったという。8回終了時には捕手の村田真一に「男ならやってみんか!」と声を掛けられたが、もとよりそのつもりだった。

「最後のほうは、ベンチでもどうやってガッツポーズしようか考えていましたから。三振ならグラブを投げようかとかね」

 ただ、いざとなると頭が真っ白になった。最後の打球は一塁へのファウルフライ。自然にバンザイしてジャンプしていた。この年はFAしての宣言残留。チームもあの「10.8」で優勝し、日本シリーズでは西武を破って日本一。2勝を挙げた槙原は日本シリーズのMVPにもなっている。

 完全試合は以後、20年以上達成者がおらず、解説者となった槙原氏は、いまも“ミスター・パーフェクト”と呼ばれ続けている。

写真=BBM

週刊ベースボール

記事提供社からのご案内(外部サイト)