ここから本文です

【時短調理】隠し味に加えれば風味アップ! 5分でできるゆずこしょうの副菜5選

5/18(木) 6:30配信

東京ウォーカー

以前は主に九州で使われていましたが、今や全国区で人気の調味料である「ゆずこしょう」。今回はそんなゆずこしょうを使って、5分以内に完成する副菜5選をご紹介。ゆずの爽やかな風味ととうがらしのピリリとした辛さは、箸休めにもおつまみにもぴったりですよ。

「にんじんのゆずこしょうあえ」 レタスクラブニュースより

■ 【セロリとツナのサラダゆずこしょう風味】(196Kcal、塩分1.7g、調理時間5分)

<材料・2人分>ツナ缶 小1缶(約80g)、セロリ 1本、ゆずこしょう 小さじ1/2~1、塩、マヨネーズ

<作り方>

1. セロリの茎は斜め薄切りにし、葉はざく切りにして塩小さじ1/2をふってもむ。しんなりとしたら水で洗ってしっかりと水を絞る。

2. ボウルに1と、ツナの缶汁をきって入れる。ゆずこしょう、マヨネーズ大さじ2を加え、さっと混ぜ合わせる。

ゆずこしょうを使った簡単副菜レシピの基本は、カットした具材を調味料といっしょに混ぜるだけ。余計なキッチンアイテムを取り出す必要がありませんし、味つけも簡単なので失敗知らず。少ない具材でも作れるので、「あと1品足りない…!」なんて時にも助かりますね。



■ 【にんじんのゆずこしょうあえ】

細切りにしたにんじんをゆずこしょう・塩・オリーブであえるだけのシンプルレシピ。箸休めにピッタリの大人な味です。



■ 【大根のゆずこしょうマヨあえ】

ゆずこしょうの辛さをマヨネーズでマイルドに。大根の葉をみじん切りにして混ぜれば、食材を無駄なく使うことができます。



■ 【ごぼうのゆずこしょう炒め】

白いりごまを使ってこうばしさをプラス。冷めても美味しいのでお弁当にもぴったりです。



■ 【長いものゆずこしょうサラダ】

長いもの食感とちくわのやわらかさが同時に楽しめる一品です。



一口にゆずこしょうと言ってもその種類は様々です。ゆずの皮や唐辛子の色などによって仕上がった色も違い、香りが芳醇なものや、とうがらしのピリ辛さが強いものなどバリエーションも豊かなので、好みのゆずこしょうを探してみてはいかが?

【東京ウォーカー/記事提供=レタスクラブ】

最終更新:5/18(木) 6:30
東京ウォーカー

記事提供社からのご案内(外部サイト)

今日のカレーなんにする?
夏、カレー!この一冊で全網羅
イベント&スポット総数60軒
この夏、絶対したいこと。