ここから本文です

「青菜」や「青リンゴ」が緑なのに「青」である理由

5/18(木) 6:01配信

オトナンサー

「青菜」「青リンゴ」「青のり」など、実際は「青」ではなく「緑」に近いのに、「青」とつく事物は意外と多いもの。しかし、これらはなぜ「青」と呼ばれるのでしょうか。

 オトナンサー編集部では、日本パーソナルカラー協会認定パーソナルカラーアドバイザーの西田美穂さんに、この疑問をぶつけてみました。

「青」に見えるからではない

 西田さんによると、そもそも「色」とは、光の反射によって見えるもの。人がその物体の色を認識するのは、「可視光線」という、色を感じさせる光が物体に反射して目に入ることによるものです。

 この可視光線の波長の範囲によって、色の見え方は変わります。虹の配色からもわかるように、「緑」と「青」は隣り合った色ではあるものの、それぞれの色を感じる波長は異なっており、実際は全く別の色。つまり「緑が青に見えるから『青』と呼ばれているわけではないのです」(西田さん)。

 それでは、「緑」のものがなぜ「青」と呼ばれるのでしょうか。

 西田さんによると、古代、日本人の色の認識は「赤」「黒」「白」「青」の4色のみで、色を表す言葉もこの4つしかありませんでした。すべての色は、これら4つのいずれかの「色」に分類され、表現されていたのです。

 その際に、「緑」は最も近い色である「青」にカテゴライズされていたとのこと。現代において、「緑」を「青」と呼ぶのは、この分類の名残りと考えられています。たとえば、伝統色名の「薄青(うすあお)」は、現代の「黄緑」に近い色です。

「緑」なのに「青」と呼ぶことには、日本の伝統的な色の表現が関係しているのです。

オトナンサー編集部

最終更新:5/18(木) 6:17
オトナンサー

記事提供社からのご案内(外部サイト)

オトナンサー

株式会社メディア・ヴァーグ

日々報じられるニュースの中から気になる話題をピックアップし、掘り下げた記事や、暮らしに役立つ基礎知識などをお届けします。