ここから本文です

【もやもや】25歳眞子さまがご婚約。独身アラサーOLの「遅すぎず早すぎず」の婚期はいつだったのか

5/18(木) 17:01配信

Suits-woman.jp

5月16日夜に飛び込んできた、眞子さまご婚約のニュース。来年にはご成婚される想定とか。おめでとうございます。

お相手はICU時代の同級生で、おふたりは5年間お付き合いされていたそう。
20歳から5年。長い春か……と思いきや、出合ってから1年後にはすでにプロポーズがあったというから、おふたりの間ではタイミング待ちだったのでしょう。羨ましい限りです。

眞子さま20歳の記者会見では「結婚について考えたことはありません。理想の男性像も確たるものはありません」とお話になり、大学卒業のときには、文書で「結婚の時期は遅すぎず早すぎずできればよいと思っておりますが、理想の男性像というものは以前も申し上げたとおり特にございません」と回答されていました。その頃にも、おそばにはお相手の方がいらっしゃったということになりますね。

理想の男性像という話をしてしまうと、眞子さまの周辺にいる男性から洗い出しが始まるかもしれないという懸念もあったのかもしれません。

庶民の話と混ぜるのは不謹慎ですが、学生時代にラブラブで、うっかり「結婚しようね」という約束にもならない約束をしてきた独身アラサーやアラフォーOLは、世に巨万といます。しかし、それを完遂できる人は稀。

たいていは、「相手が社会人になって、一緒にいられる時間がなくなってしまった」「自分が社会人になって、仕事に夢中になっているうちに、彼や結婚に対する気持ちが弱くなってしまった」というように、学生時代の甘酸っぱい思い出として終わってしまうということが多いのです。

眞子さまのご婚約のニュースを読み、自身の20代前半の恋愛に思いを馳せながら「あの時の彼でよかったのかもしれない」「どうしてあのとき頑張れなかったのか」と、ため息をついている女性があっちにもこっちにも。

元銀行員で現在は法律事務所勤務の大学院生。高校まではインター在学で、大学時代は神奈川県藤沢市の「湘南江の島 海の王子」として活躍。
ネットに上がっているお写真を拝見しただけですが、爽やかで優しそうな方です。非の打ちどころがありません。

「結婚したいなと周囲を見渡しても、好きになれそうな相手すらひとりもいない」「いい男はたいてい既婚」というのは独身アラサー&アラフォーの愚痴のひとつですが、こんなステキな人がアラサー世代前に既婚になっていくわけですから、そりゃそうでしょう、という気にもなります。

1/2ページ

最終更新:5/18(木) 17:01
Suits-woman.jp

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Suits WOMAN

小学館

2016年 秋号
10月5日発売

590円(税込)

働く30代のためのリアルライフマガジン。
マネー、美容、健康、デジタルなど
きちんと地に足の着いた“堅実女子”の
不安や悩みにきめ細かくお応えします。