ここから本文です

辻仁成監督、最新作は「安達祐実と坂上忍の“濡れ場”がすごい」

5/18(木) 21:44配信

女性自身

作家、ミュージシャン、映画監督など多岐にわたり活動する辻仁成(57)が約2年ぶりにメガホンをとった映画『TOKYOデシベル』の先行プレミア上映会が5月16日、東京・ユナイテッドシネマ豊洲で行われた。辻監督とともに、主演の松岡充(45)、安達祐実(35)、長井秀和(47)、音楽監督を務めたSUGIZO(47)が登壇。

辻監督は同作を「“音”を見てもらいたい映画」と説明し、「SUGIZOさんに作ってもらったドビュッシーが最後(エンディングテーマで)流れるんですけど、そこ席立たないでください。今日はっていうか、毎回なんですけど(笑)、一番最後まで楽しんでもらえると思います」と魅力を語った。

さらに見どころの1つとして、坂上忍(49)と安達祐実の“ベッドシーン”を挙げた辻監督。

安達は自分の演じた役どころについて「今回私は、ちょっと魔性なところのある役なんですね。松岡さんもそうだし、長井さんも、色んな人から愛される役。SUGIZOさんともちょっとしたベッドシーンがあったりとかして(笑)ベッドシーンがいっぱいありましたね」と説明すると、辻監督はすかさず「とくに坂上さんとの“濡れ場”がすごかったですよね」と指摘した。

安達は「濡れ場じゃないです!濡れ場はないですけど、ベッドシーンはありました」と照れ笑い。

大物2人の“濡れ場”にも注目が集まる同作は、5月20日よりユナイテッド・シネマ豊洲ほかにて公開予定だ。

最終更新:5/18(木) 21:54
女性自身

記事提供社からのご案内(外部サイト)

女性自身

光文社

2782号・7月11日発売
毎週火曜日発売

定価400円(税込)

ベンガル 妻が認めた朝加真由美との不倫
大地真央 夫が認めた結婚10年目の別居生活
松居一代 船越英一郎が怯えたGPS24時間監視