ここから本文です

スペインメディアが「今季契約満了のスター選手」に本田選出も… 「名声を失った」と酷評

5/18(木) 18:29配信

Football ZONE web

Jリーグクラブも移籍金ゼロで獲得可能な名手が勢揃い

 ACミランの日本代表FW本田圭佑は今季限りでクラブと契約満了になる。リーグ戦出場6試合でプレータイムがわずか98分と事実上の戦力外となっている背番号10のもとには、契約延長オファーは届かず、今季限りでチームを去ることが既定路線となっている。スペイン2部レバンテ移籍の可能性が浮上するなか、スペインメディアは来季移籍金ゼロで獲得できるタレントを紹介。Jリーグクラブも年俸負担のみで獲得できる名手が揃っている。

【一覧】海外日本人プレーヤー43人「最新推定市場価格ランキング」

「契約満了となるフットボール界のスターたち」と特集したのは、スペインサッカー専門メディア「Fichajes」。筆頭には強豪マンチェスター・シティで、ジョゼップ・グアルディオラ監督から一掃されそうな実力者を紹介している。

 アルゼンチン人GKウィリー・カバジェロ、同代表DFパブロ・サバレタ、フランス代表DFバカリ・サーニャの3人が今季限りでの退団が決定的。スペイン代表MFヘスス・ナバスも契約満了だが、セビージャと交渉中だという。コートジボワール代表MFヤヤ・トゥーレはグアルディオラ監督との確執が浮上し、今季限りでの退団が濃厚とされていたが、「驚きの契約延長の可能性が浮上している」と紹介されている。

 イタリアではローマの元イタリア代表FWフランチェスコ・トッティと同MFダニエレ・デ・ロッシが契約満了となり、去就は不透明。そしてミランで戦力外状態の男が、記事に登場する。

「本田はACミランと別れを告げる」

「2010年ワールドカップでの偉大な活躍で彼自身と周囲を驚かせた本田圭佑は、ACミランと別れを告げることになる。ここで彼は名声を失った」

 記事では2014年1月にCSKAモスクワから移籍金ゼロでやってきた本田は、ミランでのベンチ暮らしによって名声を失ったと酷評されている。

 一方、元スペイン代表GKイケル・カシージャスはポルトと契約延長の可能性が残されているが、まだサインしていないという。ウェストハムGKアドリアン、サウサンプトンのウルグアイ代表DFマルティン・カセレス、アーセナル移籍で合意と報じられているシャルケのボスニア・ヘルツェゴビナ代表DFセアド・コラシナツ、アーセナルのスペイン代表MFサンティ・カソルラとともに、今季加入したマンチェスター・ユナイテッドで公式戦28ゴールの元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチも、今季限りで契約満了となる。

 プレミアリーグでも圧倒的なパフォーマンスを発揮したカリスマだが、右膝靱帯損傷によりアメリカで手術を受けており、年内復帰が絶望視されている。

1/2ページ

最終更新:5/18(木) 18:29
Football ZONE web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Football ZONE web

fangate株式会社

日本代表や欧州各国リーグなど、国内外のサッカー情報を毎日更新