ここから本文です

リオ五輪得点王、来季はブンデス最年少監督のもとでプレーを決断か? 今季11得点の活躍

5/18(木) 16:00配信

フットボールチャンネル

 ブレーメンに所属するFWセルジュ・ニャブリはホッフェンハイムの移籍に合意したようだ。17日付けの独紙『シュポルト・ビルト』が報じている。

香川は35得点で2位 ブンデスリーガ日本人得点ランキング 1位は…

 今季アーセナルからブレーメンに移籍してきたニャブリはここまでリーグ戦26試合に出場し11得点を挙げている。記事によると、ホッフェンハイムはブレーメンに対し1000万ユーロ(約12億円)を支払う事になると伝えている。

 現在21歳のニャブリは今年開催されたリオデジャネイロオリンピックにドイツ代表として6試合に出場し6得点を挙げる活躍を見せ、チームの準優勝に貢献し自身も得点王に輝いた。また、昨年11月のサンマリノ戦ではA代表デビューを果たし、その試合でハットトリックも達成するなど注目の若手の1人である。

 ホッフェンハイムは現地時間20日に行われるブンデスリーガ最終節でアウグスブルクに勝てば4位以上が決まり来季のチャンピオンズリーグ(CL)予備選への出場権を確実にする。また3位のドルトムントの結果次第ではCL出場権を獲得できる。

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)