ここから本文です

クロースもエジルも選外! コンフェデ杯に臨むドイツ代表の驚きの23人とは?

5/18(木) 6:00配信

SOCCER DIGEST Web

人材不足が叫ばれる左SBとCFで期待が大きいのはーー。

 現地時間5月17日、ドイツ代表が今年6月にロシアで開催されるコンフェデレーションズ・カップの招集メンバーを発表した。
 
 2014年のブラジル・ワールドカップを制し、世界王者として同大会に参戦するドイツ代表のヨアヒム・レーブ監督は、意外性に富んだ23人を選出。故障中のマヌエル・ノイアーのみならず、トーマス・ミュラー、メスト・エジル、トニ・クロース、サミ・ケディラなどの主力を外し、マルビン・プラッテンハルト、ケレム・デミルバイ、ディエゴ・デンメ、ラース・シュティンドル、サンドロ・ヴァーグナー、アルミン・ユーネスという6人の“新顔”を招集したのだ。
 
 その他もこの1、2年でA代表デビューを飾ったベンヤミン・ヘンリッヒス、ニクラス・ジューレ、ティモ・ヴェルナー、ユリアン・ブラントをはじめキャップ数が「10」に満たない選手が大半を占める、非常にフレッシュなメンバー構成となった。
 
 主力に休養を与えると同時に、新戦力を発掘するのがレーブ監督の狙いだ。とりわけタレント不足が叫ばれるSBとCFの人材確保が大きなテーマとなるだろう。
 
 その意味で期待が大きいのが、プラッテンハルトとヴァーグナーだ。ヘルタ・ベルリンで不動のレギュラーとして活躍する前者は正確無比の左足のキックが武器の左SBで、後者は2シーズン連続で二桁ゴールをマークしているホッフェンハイムの点取り屋だ。
 
 この中からレギュラー組の地位を脅かす者は現われるのか――。注目のコンフェデレーションズ・カップは6月17日に開幕し、B組に入ったドイツは19日にオーストラリアとの初戦を迎える。
 
 コンフェデレーションズ・カップに向けたドイツ代表の招集メンバーは以下のとおり。
 
GK
ベルント・レノ(レバークーゼン)
マルク=アンドレ・テア・シュテーゲン(バルセロナ)
ケビン・トラップ(パリSG=フランス)
 
DF
マティアス・ギンター(ドルトムント)
ヨナス・ヘクター(ケルン)
ベンヤミン・ヘンリッヒス(レバークーゼン)
ヨシュア・キミッヒ(バイエルン)
スコドラン・ムスタフィ(アーセナル=イングランド)
マルビン・プラッテンハルト(ヘルタ・ベルリン)
アントニオ・リュディガー(ローマ=イタリア)
ニクラス・ジューレ(ホッフェンハイム)
 
MF/FW
ユリアン・ブラント(レバークーゼン)
エムレ・ジャン(リバプール=イングランド)
ケレム・デミルバイ(ホッフェンハイム)
ディエゴ・デンメ(RBライプツィヒ)
ユリアン・ドラクスラー(パリSG=フランス)
レオン・ゴレツカ(シャルケ)
セバスティアン・ルディ(ホッフェンハイム)
レロイ・ザネ(マンチェスター・C=イングランド)
ラース・シュティンドル(ボルシアMG)
サンドロ・ヴァーグナー(ホッフェンハイム)
ティモ・ヴェルナー(RBライプツィヒ)
アミン・ユーネス(アヤックス=オランダ)
 
文:ワールドサッカーダイジェスト編集部

【PHOTO】「美人すぎる」、「セクシーすぎる」フットボーラーの妻&恋人たち

最終更新:5/18(木) 10:07
SOCCER DIGEST Web

Yahoo!ニュースからのお知らせ