ここから本文です

かつての天才イケメンMF、指導者としても評価上昇中! 「監督グティ」はジダンの後継者となれるか!?

5/18(木) 19:21配信

SOCCER DIGEST Web

どこまで本気で監督をやるつもりなのかも疑わしく思われていた

 トップチームがチャンピオンズリーグとリーガ・エスパニョーラの優勝に王手をかけているレアル・マドリーだが、下のカテゴリーでは、すでにタイトル獲得を決めたチームが出てきている。
 
 フベニール(15~19歳)世代のトップチームである「フベニールA(17~19歳)」もそのひとつだ。
 
 彼らは、全国に散らばる114チームを7グループに分けたトップリーグ「ディビシオン・デ・オノール」のグループ5を制した。
 
 その後、各グループの王者に最多勝点を稼いだ2位の1チームを含めた8チームで争われるトーナメント戦「コパ・デ・カンペオネス・デ・ディビシオン・デ・オノール・フベニール」で優勝し、今シーズンの年間王者に輝いた。
 
 このフベニールA、リーグ優勝を決めたヘタフェ戦では、これぞマドリーという勝ち方を見せた。1-1で後半もアディショナルタイムに突入し、迎えた96分、ショートコーナーからゴール前に上げたクロスを、攻め上がったCBが頭で押し込んだのである。
 
 コパ・デ・カンペオネスでは、準々決勝でアトレティコ・マドリー、準決勝でビジャレアルを撃破。マラガとの決勝戦では、31分に退場者を出して数的不利を負うも互角の内容で渡り合って延長戦に持ち込み、116分に直接FKで決めた1ゴールを守り切った。
 
「信じられない。選手たちのタレントと結束の強さを誇りに思う。1時間半もひとり少ない状況で戦ったが、チームはそれを感じさせなかった」
 
 逆境に追い込まれるほどに底力を見せる、トップチームさながらの劇的な勝利を手にした後、そう言って喜びを口にしたのは、今シーズンからフベニールAを率いているグティ監督だ。
 
 2012年夏に現役を引退し、その後はテレビやラジオでコメンテーターを務めていた彼が指導者への転身を決意した際、「グティが監督!?」と驚いた人も多かったのではないだろうか。
 
 選手時代の彼は、好不調の波が大きく、乗っている時はイマジネーション溢れるプレーで観客を魅了するが、ダメな日は苛立ちを募らせた末にラフプレーや暴言で退場してしまうことも少なくなかった。
 
 守備意識が希薄で献身性に欠け、監督の言う通りに動かないため、「才能はラウールより上」と言われ続けながら、15シーズン所属したトップチームで定位置を確保した時期はほとんどなかった。
 
 そんな気まぐれな天才肌が、選手たちに戦術を説き、尻を叩いてハードワークを要求できるのか……。
 
 アレビンA(11~12歳)の第2監督として現場に立ち始めた当初は、並行してテレビのコメンテーターを続けていたこともあり、果たしてどこまで本気で監督業をやるつもりなのかも疑わしく思われていた。

1/2ページ

最終更新:5/19(金) 15:32
SOCCER DIGEST Web