ここから本文です

中日・立浪和義が史上最多450二塁打【2005年5月19日】

5/19(金) 11:10配信

週刊ベースボールONLINE

 プロ野球の歴史の中で、日付にこだわって「その日に何があったのか」紹介していく。今回は5月19日だ。

 2017年5月17日の巨人─ヤクルト戦(東京ドーム)でヤクルトの雄平が2本の二塁打をマークし、リーグ最多の16本となった。これは2001年シーズン最多52本の二塁打を放った谷佳知(オリックス)をしのぐハイペースだ。

 2005年5月19日は、いわば“二塁打記念日”である。中日の立浪和義が交流戦の日本ハム戦(札幌ドーム)で、福本豊(阪急)の通算449二塁打を更新するプロ野球新記録通算450本目の二塁打を放った日だ。立浪はプロ18年目の達成。「プロに入ったときは、こんな大記録を達成できるとは思わなかった。実感はまだないです」といつもどおり謙虚な言葉を残している。

 福本は盗塁数(1065)、三塁打(115本)でも通算最多記録を作っており、二塁打を含め、いずれも抜かれることはないと思われていた。

 06年以降代打が増えたことでペースを落としたが、立浪は引退までに記録を487に伸ばした。これもまた、不滅の記録になりそうだ。

 ただ、いま『週刊ベースボール』でコラムを執筆してもらっている立浪氏に、この記録を尋ねると、いつも同じ答えが返ってくる。

「福本さんは足が速いから、二塁打を三塁打にしただけです。僕が本当に勝ったわけじゃない」

 謙虚さは現役時代から変わっていない。近年不振が続くドラゴンズ。この男のユニフォーム姿を待つファンは少なくない。

写真=小山真司

週刊ベースボール

記事提供社からのご案内(外部サイト)

カープ&ホークス ペナント制覇!
広島・ソフトバンクの歓喜の優勝シーン
祝勝会&優勝会見再録