ここから本文です

「い・ろ・は・す」が環境負荷を低減した新パッケージに刷新

5/19(金) 11:00配信

東京ウォーカー

「い・ろ・は・す」がパッケージを刷新。

コカ・コーラシステムは、環境負荷を低減した新パッケージとなったミネラルウォーターブランド「い・ろ・は・す 天然水」を、5月22日(月)から全国で発売する。

【写真を見る】285ml PETボトル(税別98円)

「い・ろ・は・す」は大自然が育くんだ、厳選された日本の天然水を使用したブランド。今回導入する新パッケージでは、天然水のおいしさをより感じられる透明感のあるデザインを採用したことに加え、CO2排出量を従来の42%まで抑えた水性フレキソ印刷を導入して、パッケージ製造にかかる環境負荷を低減させた。

また、昨年に引き続き、「い・ろ・は・す 水源保全プロジェクト」を展開する。「い・ろ・は・す」の売上の一部を、公益財団法人コカ・コーラ教育・環境財団を通じて、日本の各地で水資源の保護を行っている自治体・非営利活動法人(NPO)に寄付することで、団体の活動を支援する。

2016年は、全国13団体に、「い・ろ・は・す」の売上の一部から1年間で総額2548万7821円を寄付。2017年度も活動を継続し、支援先を全国22団体に拡大するとともに、コンビニエンスストアやスーパーマーケット、オンラインストアなど、「い・ろ・は・す」を販売する小売店65チェーン、3463店舗も本プロジェクトに協力する。

「い・ろ・は・す」を飲んで、水源保全プロジェクトに参加してみてはいかが。【ウォーカープラス編集部/コタニ】

最終更新:5/19(金) 11:00
東京ウォーカー

記事提供社からのご案内(外部サイト)

最高の休日を過ごしたい
シアワセを生む睡眠
パリ発の“紙”ブランドとは?
BEST of 美術展

Yahoo!ニュースからのお知らせ