ここから本文です

菜々緒、7年ぶり始球式に「デッドボール食らいたい!」の声 “苦情拒否”のライトニング姿には絶賛の声

おたぽる 5/19(金) 9:00配信

 12日に東京ドームで行われた、プロ野球『日本ハムVSロッテ』戦の始球式を女優でモデルの菜々緒が務めた。髪の毛をポニーテールにし、上は青いジャージに下はグレーのホットパンツと黒いスパッツという姿で登場した菜々緒は、キャッチャーミットからは大きく逸れてしまったもののノーバウンドでの投球を見せ、「何をやらせても様になる」「ポニーテールの菜々緒様も素敵です」などと、ファンを興奮させた。

西内まりや、月9ドラマ惨敗にもビクともしない? ラジオ番組終了で「雑誌モデル出戻り?」の声も

「自身のインスタグラムにアップした、練習の時の動画では見事なストライクボールを投げ、『スタイル、フォーム、ボールの軌道、全てが美しい!』『そのモーションで殴られたい』などと絶賛されていた菜々緒。本番ではかなり緊張していたらしく、ボール球となってしまったため、『ちょっと左に逸れてしまったのが、本当に悔いが残りましたね』と反省していたのですが、ファンからは『ノーバウンドで届くだけでもすごい』という称賛や、『デッドボールを食らいたかった!』という願望を吐露する声が飛び交っていました」(芸能関係者)

 菜々緒が始球式を務めるのは、9代目・三愛水着イメージガールとして活動していた2010年以来のこと。その始球式ではピンクビキニ姿で登場し、抜群のスタイルの良さを見せつけていたが、その後、14年から加圧トレーニングを始めるなど努力を重ねてきたため、「7年前よりもさらにスタイルが良くなった」と褒め称える声が多く寄せられている。

「172cmの高身長に8頭身という芸能界でも屈指のプロポーションを誇る菜々緒ですが、最近ではその現実離れした体型を活かしたコスプレ姿も注目されています。今月13日から放映開始されたスマホアプリ『DISSIDIA FINAL FANTASY OPERA OMNIA』のCMでは、人気ゲーム『ファイナルファンタジー13』の主人公・ライトニングのコスプレ姿を披露。そのクオリティーについて菜々緒は、『苦情は受け付けません』と語っているのですが、ファンからは『苦情なんて一切ありません!』『2次元ボディ!』などと絶賛する声が殺到。また、7月から公開される人気コミック『銀魂』(集英社)の映画化作品では、金髪に和風の赤い衣装が特徴的な来島また子役を演じるということで、そのビジュアルが公開された際には絶賛の声が相次ぎ、映画公開が心待ちにされています」(同)

 15年から出演しているKDDI『au三太郎シリーズ』の乙姫役に関しても、今ではすっかりお茶の間に定着している。今後、その2次元スタイルと悪女キャラに見合ったどんなコスプレ姿を披露してくれるのか楽しみだ。

最終更新:5/19(金) 9:00

おたぽる