ここから本文です

私立恵比寿中学 廣田あいか 鉄道愛が溢れてトークショーも30分超

5/19(金) 12:00配信

otoCoto

15日、東京・神保町の書泉グランデでイベント『JTB時刻表』3月号の特集延長戦「プレイバック30年トークショー」が開催された。そのイベントに、SUPER BELL”Zの野月貴弘、ホリプロ女子鉄アナウンサーの久野知美、ホリプロマネージャーの南田裕介、『JTB時刻表』編集長の大内学と共に、“ぁぃぁぃ”の愛称で親しまれている私立恵比寿中学の廣田あいかが登場。『タモリ倶楽部』の鉄道企画に出演し、これまでに電子書籍『私立恵比寿中学 廣田あいかの鉄道紀行 ~JR飯田線・心の旅編~』、DVDブック『AIAI RAILWAY TRIP』、東京メトロとのコラボレート写真集『am Tokyo Girl’s Way』といった作品を発売するなど、鉄道に詳しく、鉄道への愛情が深い。

久野が司会進行役を務め、イベントがスタート。まずはウォーミングアップがわりに最近の“鉄活”や“鉄分補給”についてのトークが展開した。それぞれ、ローカル線を含めて列車や駅の写真をスライドで紹介する中、廣田が撮ってきたのは小田急線の特急ロマンスカーの写真だった。
「私たちのグループの最新曲『感情列車』のミュージックビデオで撮る車両を私が選ばせてもらいました。何がいいかなってすごく考えた結果、撮影の行きはVSE(50000形)に乗って、映らない帰りはLSE(7000形)にしました(笑)。メンバーも楽しそうにしてて、VSEの座席が窓側に向いてるの(シートの設置角度)に気づいてくれたんです!」とその時の嬉しさを思い出して、話しながらテンションもぐんぐん上がっていく。その流れで、3月に発売されたCD『JNR to JR~国鉄民営化30周年記念トリビュート・アルバム』(廣田あいか、SUPER BELL”Zらが参加)のことも話題にのぼり、廣田がJR貨物の社歌「春夏秋冬」を選んだ理由にも言及。「鉄道に関する歌を選んでいる時に(JR関連の)社歌というのがあるのを知ったんです。社歌の中で何がいいかな? やっぱりJR東日本かな?とか考えたんですけど、縁の下の力持ちの“貨物”を応援したいなと思ってJR貨物の社歌にしました。聴いてみて『これだ!』って思いましたし」
「さぁ、序盤が長くなりましたが、ここからが本番です」と久野が本題へと話題を切り替えようとするが、当初のイベント全体の時間は40分を予定していたが、この時点で30分が経過。前回のイベントでも5分延長されたが、それ以上の延長タイムに入ることは確実となった。

1/2ページ

最終更新:5/19(金) 12:00
otoCoto