ここから本文です

ボリオリ親会社が売却 デザイナーも交代

5/19(金) 17:52配信

WWD JAPAN.com

ボリオリ親会社が売却 デザイナーも交代

 投資会社のワイズ SGR(WISE SGR)は、同じく投資会社のPHI インダストリアル・アクイジションズ(PHI INDUSTRIAL ACQUISITIONS)に、イタリアのメンズブランド「ボリオリ(BOGLIOLI)」を売却することを決めた。ワイズ SGRは、ボリオリの株式を98%保有していた。売却額などは明らかになっていない。ウェブサイトによると、マドリードとバルセロナに拠点を置くPHI インダストリアルは、年商2000万から2億5000万ユーロ(約24億6000万~307億5000万円)規模の「金融と不動産を除く企業」の取得や出資に積極的で、「長期保有を軸」としながら利益を生み出すことをモットーにする企業のようだ。

 PHI インダストリアルは「ボリオリ」改革の第一歩として、ミラノメンズを離れ、ピッティ・イマージネ・ウオモに復帰し、2018年春夏コレクションを発表。クリエイティブ・ディレクターのダヴィデ・マレッロ(Davide Marello)はブランドを去り、デザインチーム制に移行する。経営においては、アンドレア・ペローネ(Andrea Perrone)最高経営責任者(CEO)は残留。「我々はここ数カ月、『ボリオリ』が長きに渡りビジネスを継続できるよう最大限の努力を重ねている」と意気込む。彼はパル ジレリ転職したジョヴァンニ・マヌッチ(Giovanni Mannucci)前CEOの後任として、昨年10月に昇格した。

 業界筋によると、「ボリオリ」は昨年、評価損などにより赤字を計上したようだ。昨年12月時点の負債額は2400万ユーロ(約29億5000万円)と推定される。

 イタリアンクラシコの世界は、変革の時を迎えている。パル ジレリはカタール企業のメイフーラ グループ(MAYHOOLA GROUP)の傘下に、コルネリアーニ(CORNELIANI)はバーレーン企業のインベストコープ(INVESTCORP)が買収した。

最終更新:5/19(金) 17:52
WWD JAPAN.com